企業のみなさまへ

TOP > 企業のみなさまへ

VUCAの時代、企業も働く人々に多くの変化とが求められている今。
「就社」という発想から脱却し、働く人々がキャリア自律を実現していくこと。
個人が社会課題に目を向け多様な人と共創しながら、個性を活かしイキイキと企業でも活躍すること。
こういった動きが、企業・組織の成長にも大きくつながるようになりました。

 

そのためには、働く一人ひとりが変化のきっかけに巡り合い、多様な人々が共に価値を生み出す場に
当事者として関わりながら、経験学習を経て次のアクションへの気付きを得る、といった経験がとても重要です。

 

二枚目の名刺は「サポートプロジェクト」の取り組みを通じ、これらの実現の場を
企業の人材育成・組織開発の一環としてもご提供しています。

サポートプロジェクトについて

社会人がチームを組み、社会課題の最前線でこんな社会にしたいというミッションを掲げ活動するNPOなどと協働。事業推進に取り組む期間は3-4か月のプロジェクトです。全く異なるバックグラウンドを持つ社会人が、普段所属する企業や組織、そして立場も超えて、一つのミッションの下に集まり、社会のこれからを創ることに取り組みます。

越境で期待できること

越境学習機会
  • 普段の会社内での仕事では得ることができない学びとそこから生まれる意識、価値観の変化
  • ソーシャルセクターだからこそ得られる"想い"にふれ価値観を揺さぶられる経験、高い視座
  • ミドルエイジ層にとっての学び直し(リカレント教育)
働き方改革における企業デザイン
  • 企業の副業解禁が進む中、社員が会社外の時間をデザインすることを後押し
イノベーションの創出
  • 社会課題=人の潜在的なニーズと捉えた新たな事業創出の可能性
  • 多様なバックグラウンドを持つ人材との接点、異なる思考から生み出される新たな事業の切り口
CSRの進化
  • 資金支援にとどまっていたNPO/ソーシャルセクターとの連携に、自社の社員を送り込み
    より社会的インパクトある形に進化
  • NPO/ソーシャルセクターの支援に加え、社員及び自社への価値還元を実現

サポートプロジェクト 全体スケジュール

お問い合わせはこちら

参加者の声

  • 30代男性営業
    様々な仕事や経験、様々な価値観を持っている⽅々と、⼀つのものを⼀緒に作っていくのって楽しいなと思いました。
  • ⾃分の弱み強みを再確認する場⾯が多かったです。また、普段関わらないタイプの⽅と交流し、⾃分の視野の狭さを実感できました。
    20代⼥性SE
  • 20代⼥性IT
    熱い思いを持って頑張っている⼈が沢⼭いる事を認識できました。初対⾯から始まるPJTなのでチームビルディングの⼤切さや、ゴールの⽬線合わせがとても勉強になりました。

具体的な企業の取り組み

⼈材育成 / キャリア開発

お問い合わせはこちら