プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > 「未来をつくろうプロジェクト 誰もが笑顔で暮らせる社会づくりを共に 」NPO法人Lino

「未来をつくろうプロジェクト 〜誰もが笑顔で暮らせる社会づくりを共に〜 」NPO法人Lino

プロジェクトの概要

「健常者・障害者という垣根をなくし、自然と人が集まり、共存・助け合う世界をつくる ~iversity & Inclusionな世界を実現~」というビジョンを
掲げ、
 
1)皆が集えるコミュニティ作り
2)インクルシネマ拡大の為の基盤 整備
3)持続性ある財政基盤強化 
 
を進めます。
パートナー団体
「NPO法人 Lino」

【事業内容】(団体HPより)

 ⑴ インクルシネマ開催
 (障がいを持つ人も持たない人も一緒に楽しく映画を観るイベント)

 ⑵ ICT勉強会の実施

 ⑶  海洋リハビリの実施

期間

期間: 2021年4月~2021年7月

2021年 4月12日(月)  :CommonRoom 77

2021年 4月24日(土) :Kick Off

2021年 6月11日(金) :中間報告会

2021年 7月26日(月) :最終報告会

プロジェクトの進捗(キックオフ)

4/24キックオフMTを皮切りにその後4回のMTを実施。当プロジェクトは社会人参加メンバー全員同一会社からの参加。同じ会社とは言え、ほぼほぼ皆初対面に近く、他のSPJ(通常はバラバラの会社から参加)と変わらない感じでスタートを切る。キックオフMTは「自己開示」に時間を割いたおかけで、緊張しつつも笑顔の多いミーティングで終了。定期MTの1回目は二枚目の名刺のプロジェクトデザイナーが仕切ったが、2回目以降からは、社会人メンバー持ち回りにシフト。毎回ミーティングの仕切り役は変わるが、皆、的確にアジェンダを提示し、効率よく議論し、その日のゴールをクリアしている。また、皆周囲への気配り心配りも忘れず、進めているところは素晴らしい。一度決定した「スコープ」を諸事情により変更したが、メンバーは十分納得した上で柔軟に対応し、3つの「分科会」に分かれて活動を進めている。

【2枚目の名刺が生み出し始めている「変化」とこれから】

 当初は、コミュニケーションツールであるスラックに頻繫にアクセスするメンバーとそうでないメンバーとに分かれており、一部温度差があったが、あるメンバーの提案により、「みんなの今の気持ちは?燃えているのか?、まだ燃えていないのか?」 の意見交換する時間を設けた。この問いにみんなは、正直な気持ちを吐露し共有してくれた。この意識づけと、分科会で小チームに分かれ活動をするとになり、当初感じていた温度差は解消。全力で課題解決に向かっている。また、本業での急なトラブルによりMTに参加できなくなった時には、メンバーへ「HELP」を示し、他のメンバーがフォローする姿も見受けられる。「HELP」を言える。助けに入る。この関係性も「チーム」として活動するにあたり重要なポイントであると思う。このペースで最後まで走り抜けて欲しい。みんなならできる^^

 

プロジェクトの進捗(中間報告後)

6月11日(金)中間報告会が終了。中間報告会前の定例MTは、キックオフを含め7回。途中から分科会を設置し、個別に週2-3回短時間でのMTを実施しているチームも見受けられた。それは、「団体の為に」「誰もが笑顔で暮らせる社会の為に」。
 中間報告会では、今までの経緯並びに分科会の項目の進捗状況を報告。ひとりひとりのここまでの想いも報告。Aさん「プロボノの活動の中で、会社の業務経験やプライベートでの経験が活かされる事を絶賛体感中・・・」 Bさん「業務とは異なるメンバーと活動することで“当たり前“が当たり前でない難しさ&楽しさを感じています!」と。

 

 

【2枚目の名刺が生み出し始めている「変化」とこれから】

 

 

中間報告会の後半は「振り返り」の時間。チームを2つに分け、「KPT(K:キープ)(P:課題)(T:トライ挑戦)」の内容でそれぞれに話しあわれた。結果、「楽しんでやれているか?」「本音で話せてるか?」という意見が出、一度社会人メンバーだけでオンライン飲み会兼打ち合わせをやろうということになり中間報告会終了の数日後に実施。また、その後の定例MTでは、全員(団体とデザイナー含)でオンライン飲み会を実施。プロジェクトの内容には一切ふれず、終始笑顔の雑談が・・・^^。オンラインでの「雑談」が重視される昨今、日頃真剣にプロジェクトに向き合っているみんなだからこそ、時としてこういう「時間」が必要なんだということを実感。さあゴール目指して突っ走ろう!

 

プロジェクト一覧へ