プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > 「未来をつくろうプロジェクト~皆が輝く明日のために…~」株式会社イースマイリー

「未来をつくろうプロジェクト~皆が輝く明日のために…~」株式会社イースマイリー

プロジェクトの概要

近年SDGs(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)やESG(環境E: Environment、社会S: Social、ガバナンスG: Governance)と言う言葉がよく聞かれるようになりました。温暖化、水不足などの環境問題、人権問題、差別などの社会問題など、人類は今、さまざまな課題に直面しています。企業にとっても、長期的に成長するためには、経営においてSDGsやESGへの取り組みが必要だという認識が世界中で広まっています。NPOなどのソーシャルセクターも社会課題を解決しようと、SDGsやESGの課題に取り組んでいます。しかしソーシャルセクターとビジネスセクターはそれぞれの課題を抱えており、歩みは決してスムーズではありません。株式会社イースマイリーでは、SDGsや社会問題をテーマとした絵本をソーシャルセクターとビジネスセクターが共創して子ども達に届け、SDGsを推進するしくみづくりを行っています。絵本のストーリーを通じて子どもたちが幼い年齢からSDGsの考え方にふれることで、社会課題の社会への浸透・普及が進むものと考えています。そのビジョンに共感した社会人と株式会社イースマイリーのメンバーがワンチームとなり、今まで培ってきたリソースを活かし、その実現をより加速させるためのプロジェクトに取り組みます。

パートナー団体

【パートナー団体 】

株式会社イースマイリー

【事業内容】

株式会社イースマイリーは「子育てでみんなと“笑顔”をつくる」をビジョンに、「社会課題の解決」と「事業の持続可能性」が両立する仕組みをデザインする会社です。注力事業は「絵本」。絵本のストーリーでソーシャルセクターと共に社会課題を伝え広げる「SDGsえほん」や、自治体やインフルエンサー等、様々なパートナーと絵本を共創し、魅力的なストーリーを発信しています。

  1. 絵本関連(SDGsえほん/出版販売/共創絵本)事業
  2. 子ども向けソーシャルスクール事業
  3. クラウドファンディング支援事業
  4. 知育動画制作・配信事業
  5. 障害・難病支援事業(コミュニティ/プロデュース)
  6. 事業開発(創出・改善)伴走支援事業
  7. デジタルマーケティング事業

  

期間

【スケジュール】
期間:2022年3月~7月 

 2022年3月22日(火) Common Room 85

 2022年4月7日(木)  Kick Off

 2022年5月20日(金) 中間報告会

 2022年7月8日(金)  最終報告会

 

1.プロジェクトの進捗(キックオフ~現在)

【プロジェクトの進捗状況】

プロジェクトは、団体から1名、社会人3名の構成で実施しています。

メンバーは、オンラインのキックオフで初顔合わせだったため、初日は自己紹介でお互いの理解を深める時間としました。自由に自分のことを語っていただくことでその人らしさが表現され、メンバー相互の興味や関心が高まりました。また社会人のこのプロジェクトを希望した想いや団体のこのプロジェクトへの想いなども共有できました。団体の取り組む事業については、初日から熱心な質疑応答が行われました。

定例ミーティングは調整さんで全員の予定を合わせて決定しました。その結果、キックオフから3回目まで、短期間で頻度の高い実施となりました。また3回目はリアルでミーティングと懇親会が実施され、チームとして距離感が近くなり、まとまってきたように感じます。メンバーの期待値やわくわく度も高まってきているようです。

ミーティングの合間にも、スラックを用いて各々作業を行って持ち寄るなど、全員が熱心に取り組んでいます。団体の課題も輪郭が見えてきて、プロジェクトテーマも決まりつつあります。団体と社会人が同行するなど具体的な行動計画も企画されています。ますます熱いプロジェクトが展開されそうです。

 

 

 

 

   

【2枚目の名刺が生み出している「変化」とこれから】

 社会人3名にとっても団体にとっても、それぞれの意見や行動は新鮮で、互いに良い刺激や気づきを与えあっています。全員が楽しみながら熱心にプロジェクトに取り組んでおり、課題遂行のための具体的な行動も始まりました。社会課題実現に向けて、今後の団体と社会人の相乗作用や化学反応がとても楽しみです。

 その一方で二枚目の名刺のValuesの一つである「身の丈を超える」という点においては、まだまだ「伸びしろ」がたくさんあると感じています。今後も好奇心を持って行動する中で、きっと軽やかにすばらしいジャンプを見せてくれることでしょう。

このチームメンバーの笑顔をご覧ください。わくわくが止まりません。

 

   

 

プロジェクト一覧へ