プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > 「未来をつくろうプロジェクト~皆が輝く明日のために…~」公益社団法人 日本環境教育フォーラム

「未来をつくろうプロジェクト~皆が輝く明日のために…~」公益社団法人 日本環境教育フォーラム

プロジェクトの概要

JEEFは今年が設立30周年を迎える節目の年であり、また事務局長が2019年11月に交代し30代と一気に若返りました。環境教育のトップランナーであるJEEFの今後の活動について、新しい観点で具体的課題を考え実行して行きたいとの団体の考えがあります。

限られたプロジェクトの期間でインパクトのある課題に皆で取り組みます。

パートナー団体

【パートナー団体 】

公益社団法人 日本環境教育フォーラム

【事業内容】

公益社団法人日本環境教育フォーラム(JEEF : Japan Environmental Education Forum)は、体験と対話を重視した環境教育で、持続可能な社会づくりを担う人材を育成するNGOです。

Vision  ~ 実現したい社会

かけがえのないこの地球で、次の世代も心豊かに、笑顔で暮らしていけるように、多様なパートナーと協働しながら持続可能な社会の実現を目指します。

Mission ~ JEEFが取り組むこと

地球環境をはじめ、複雑に絡み合う様々な問題の解決に向けて、表面的な知識を与えるのではなく、『体験と対話を重視した環境教育』によって、「自ら課題を見つけ、学び、考えて行動できる人材」を育成します。

活動範囲は、年齢では子供からシニアまで。活動範囲も日本全国から海外(アジア圏)までと広範囲にわたります。

期間

【スケジュール】

期間:2022年3月~7月 

 2022年3月22日(火) Common Room 85

 2022年4月7日(木)  Kick Off

 2022年5月20日(金) 中間報告会

 2022年7月8日(金)  最終報告会

 

1.プロジェクトの進捗(キックオフ~現在)

【プロジェクトの進捗状況】

プロジェクトは、団体から5名、社会人3名の構成で実施しています。いづれのメンバーも20代、30代と若い世代になります。団体メンバーも社会人メンバーと一緒にタッグを組んでワンチームで活動することになります。というのも、団体側から一緒に活動することで刺激や学びを得たいとのことでこのような形になりました。これからどんな新しいことが起きるのか、非常に楽しみでです。

打ち合せについては週1回の頻度で行いますが、定例化せず、都度決めていく方法です。キックオフの次の打ち合せでは、オンラインではなく早い時期に対面で会った方が今後のコミュニケーションがとれるということで、屋外の公園でランチミーティングとなりました。このことにより、チームとして距離感が近くなり、まとまってきたように感じます。また、メンバーの期待値やわくわく度も高まってきているようです。

今後の進め方についても各人それぞれイメージがあり、それを他のメンバーと積極的に共有し、安易に課題を設定するのではなく、JEEFの活動や団体が考えている課題についてまずは深掘りをしていこうということでJEEFの活動について理解を深めています。

 

【2枚目の名刺が生み出し始めている「変化」とこれから】

社会人メンバーは、既に子供の時から関わってきたメンバー、自然体験を通して人間形成に寄与したと考えるメンバーなど、「環境教育」についての知識は充分にありますが、社会人なってからは、疎遠になっていました。今回、このようなプロジェクトに参加することによって、中断していた「環境教育」に関わることが出来てやりがいを感じているようです。

普段の会社生活からの「越境体験」を通じ、社会課題を解決する世界に触れることで、新しい気づき、変化などを感じ取って、更に成長する第一歩を踏み出せたらと思います。

また、団体にとっても、チームに加わることで新鮮な体験を積めることで、互いに成長が出来るのではとこれからが非常に楽しみです。

(ヒロシ)

 

▼ミーティング風景

▼ランチミーティングの様子

プロジェクト一覧へ