プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > 非営利団体Alopecia Style Project Japan「持続可能な未来のための事業計画策定」プロジェクト

非営利団体Alopecia Style Project Japan「持続可能な未来のための事業計画策定」プロジェクト

プロジェクトの概要

団体として今まで様々な活動を行ってきたが、今後の更なる飛躍のため、持続可能な活動を見据えた上で、今までの活動を整理した上で団体の提供価値を、外部視点(社会人メンバー)で整理し、今後の方向性を打ち出す。具体的には、ミッション・ビジョン・バリューの整理、事業計画の策定、団体の紹介ツールの作成を行う。

パートナー団体

非営利団体 Alopecia Style Project Japan

【事業内容】 脱⽑症、抜⽑症、乏⽑症、無⽑症、治療による副作⽤など、様々な理由より髪に症状を持つ⼥性と⼦どもたちのコミュニティ
(1)コミュニティ運営(ライングループ100名・月1回 交流会・月2回 オンライン交流会)
(2)イベント運営(写真展、パフォーマンス、ファッションショー)
(3)啓発活動(学校での講演・イベント登壇・メディア発信 ラジオパーソナリティー)

期間

2020年7月~2020年11月

【スケジュール】
2020年7月3日(金):CommonRoom75
2020年7月15日(水):Kick Off
2020年9月18日(金):中間報告会
2020年11月6日(金):最終報告会

プロジェクトの進捗(キックオフ~現在)

【プロジェクトの進捗状況】

メンバーは8名(女性6名、男性2名)。キックオフ、週1回の定例会(2時間)と全てオンラインで実施、コミュニケーションツールはフェイスブックグループを使っています。

キックオフでは「応募動機」「好きなことや得意なこと」「自分の性格やタイプ」「プロジェクトが終わった時に自分はどうなっていたいか」を話してもらいました。住んでいる場所も様々(首都圏以外在住者・海外在住者も有)で、年齢も職業も様々なメンバーがいて、違いを楽しみ大変盛り上がりました。その後に、ASPJさんから団体の今までの活動、今の悩み、このプロジェクトに期待すること、を赤裸々にお話しいただき、それを聞いたことで改めて、みんなで何か支援したい、チームで一緒に何かをつくり上げたい、という気持ちが高まりました。

週1回2時間の定例会ではチェックインとチェックアウトを行い、みんなで気持ちを共有することを大事にしています。またファシリテーターは毎回順番に回し全員が当事者意識をもって進めること、それぞれの違いから学ぶことを目指しています。3回目の定例会が終わった時点で方向性が確定しました。持続可能な団体の今後の活動を見据え、ミッション・ビジョン・バリューの整理、事業計画の策定、団体の紹介ツールの作成に取り組んで参ります。

2枚目の名刺が生み出し始めている「変化」とこれから

もともとASPJさんが掲げる「自分で自分を好きになる」に共感したメンバーが集まっていますが、知れば知るほど多岐にわたる精力的な活動を行っていることに感銘を受け、また背景にある熱い思いに胸打たれ、ASPJさんのために何かしたいと全員が強く思っており、それがチームの羅針盤になっています。

プロジェクト一覧へ