プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > 「自ら行動し、社会をアップデートする!」CR89 一般社団法人 りむすび

「自ら行動し、社会をアップデートする!」CR89 一般社団法人 りむすび

プロジェクトの概要

”りむすび”は、「争わない離婚」を実現することで、離婚後も両親が子育てに関わる「共同養育」という考え方を、広い意味での「新しい家族の形」の一つとして広めることを目指しています。
今回のサポートプロジェクトでは、団体さんの想いを対象となる方たちに届ける方策を、外部の社会人メンバーの視点を取り入れて策定することにトライします。

パートナー団体

【パートナー団体 】
「一般社団法人 りむすび」

 「別れても子どもにとって親はふたり」・・・ 離婚後も両親が子育てに関わる共同養育があたり前な社会にするために、カウンセリング、離れて暮らす親子が関わり続けるための面会交流支援、連絡仲介、離婚協議サポート(ADR)、離婚経験者が集うコミュニティ運営、普及に向けた講演・執筆活動などを行っています。

代表は子どもを元夫に会わせたくなかった離婚経験者。子どもが不安定になった後悔を機に本事業を立ち上げました。

 

【事業内容】

りむすびは、司法でも行政でも手が届かない離婚後の子育てに焦点をあて親同士の関係再構築に向けた「心の仲介」を重んじ離婚しても両親が子育てに関わる「共同養育」の普及活動を行っています。

 

・離婚相談(個別、夫婦)

・面会交流支援(親と子どもが会う時の付き添いサポート)

・ADR

・講座

・コミュニティ運営(離婚当事者)

・「共同養育」の普及活動

期間

【スケジュール】

期間:2022年8月~2022年11月

2022年 8月 5日(金):Common Room 89

2022年 8月24日(水):Kick Off

2022年 9月30日(金):中間報告会

2022年11月 19日(土):最終報告会

1.プロジェクトの進捗(キックオフ~現在)

【プロジェクトの進捗状況】

キックオフは、コモンルーム89から19日目の8/24。通常の流れより間が空いてしまいました。

年齢構成のバランスが抜群な社会人5人、バックグラウンドもみな異なり多様なメンバーとなりました。

参加メンバーと団体からの参加者2名の自己紹介にたっぷり時間を使い、お互いを知ることに重点をおきました。そのお陰もあり、まるで旧知のメンバーかのように話もはずみ次回以降のミーティング日程や進め方を決めて終了しました。

キックオフに続き2回目のミーティングを実施した段階ですが、「りむすび」という団体の理解を深めながら、現状の課題点を探り始めたところです。

「共同養育」というキーワードに頼り過ぎているのではないか、そのため必要な方に「りむすび」を認識いただけていないのではという問題点が浮かんできました。

今後は、課題の洗い出しと深掘りを進め、このプロジェクトで何をやるのかの大枠を決め、更に具体的な内容の詰めを行っていきます。

この楽しそうな顔が並んだ写真は、キックオフのクローズ時です。

今後の活動の進み方を予感(?)させますね。 


このチームが、どのような取り組み課題を決めて、前に推し進めていくのか?

今からとても楽しみです。

【2枚目の名刺が生み出し始めている「変化」とこれから】

キックオフでは、流石に自己紹介の間は、緊張感と遠慮が見えましたが、実際の内容検討に入ると、徐々に緊張感も取れ和気あいあいの雰囲気になることができました。

2回目のミーティング時には、りむすび さんから「全然気づいていない視点のご意見」が聞けて、サポートプロジェクトに参加して本当に良かった、またこんなにも真剣に団体のことを考えてくれるとこを実感したことを、メンバーに披露してくれました。

その言葉を聞きメンバーもなお一層、このプロジェクトを成功させたいとの思いを募らせました。

プロジェクト一覧へ