プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > 「自ら行動し、社会をアップデートする!」CR89 任意団体 One Diary

「自ら行動し、社会をアップデートする!」CR89 任意団体 One Diary

プロジェクトの概要

One Diaryは、髪を失うことによって生きづらさを感じている女性や子どもに対して、これまで個人ごとに対応をしてきた日常面の困難さに着目して、主にメディアの運営により「当事者インタビューによるロールモデル提示」をすることで、女性や子どものセーフティネットになる活動を行っています。今回のサポートプロジェクトでは、団体さんの想いに共感した社会人とOne Diaryのメンバーがワンチームとなり、団体さんの想いをより一歩実現に近づけるためのプロジェクトに取ります。

パートナー団体

【パートナー団体 】
任意団体 One Diary

【事業内容】

OneDiaryは髪を失った女性と子どものために活動しています。髪を失うことは生活の質に大きく影響します。一方で、医学的には軽視され、具体的な対応が集約化されていません。OneDiaryではこれまで個人ごとに対応をしてきた日常面の困難さに着目し、生きづらさの解消を目指します。主にメディアの運営により「当事者インタビューによるロールモデル提示」をすることで、セーフティネットになる活動を行っています。

期間

【スケジュール】

期間:  2022年8月20日~ 2022年11月19日

2022年8月5日(金)  :CommonRoom 89

2022年8月20日(土) :Kick Off

2022年9月30日(金)  :中間報告会

2022年11月19日(土):最終報告会

 

1.プロジェクトの進捗(キックオフ~現在)

【プロジェクトの進捗状況】

8/20にKickoffミーティングを行いました。Kickoffミーティングでは、メンバーがお互い初対面であるため、自己紹介を行ったりソーシャルスタイル診断ツールの結果を共有することで、各メンバーが自分の強みは生かし弱みは補完し合うことで”チーム力”を高めていこう、ということに多くの時間を割きました。また、これらの自己紹介内容やソーシャルスタイル診断結果から各自が決断した”行動宣言”の内容をslack上でも共有することで、相互の距離感を早く縮めるための環境づくりを行いました。

さらには、プロジェクトを円滑の進めるために、メンバー全員で共有できる”気づき共有シート”も設けました。このシートに、毎回のミーティング後に疑問が残ったこと、メンバーへの提案、プロジェクトの進め方に対する要望などを自由に記入してもらうことで、このシートが毎回のミーティングをより深い内容となる手段として機能することを期待しています。なお、ミーティング後に短時間ではありますが”ぷち懇親会”を行い、プロジェクト以外の話をする機会も設ける予定です。

今回のメンバーは、髪を失うという経験をした人はいませんが、”ウィッグを着けていれば、見た目一般の人と変わらない”ゆえに持つ髪に悩む女性や子どもたちの生きづらさの解消に向き合いたいという熱い想いは共通しています。その共通の想いをもったメンバー同士の一体感がより深まることを期待しています!! 

【2枚目の名刺が生み出し始めている「変化」とこれから】

Kickoffミーティングでは、社会人メンバーがOne Diaryさんの活動をより深く知るために、「 髪を失うことによって生きづらさを感じている女性や子どもにロールモデルを提示する」という活動の現状について、団体メンバーさんから再度説明してもらいました。その後、早くも社会人メンバーと団体メンバーとの間で活発な質疑応答が行われ、One Diaryさんに対する各社会人メンバーの自分事化が始まりました。社会人メンバーに対する「自分達ができることは何か」という問いから、今後どのような取り組みが生まれてくるのか、今からワクワクしています!!

(あきさん)

プロジェクト一覧へ