プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > 「~違いを楽しむ、力に変える~」NPO法人日本パラパワーリフティング連盟

「~違いを楽しむ、力に変える~」NPO法人日本パラパワーリフティング連盟

プロジェクトの概要

パートナー団体

 

【パートナー団体 】

NPO法人日本パラパワーリフティング連盟

JPPF(NPO法人日本パラ・パワーリフティング連盟)は下肢に障害がある人、小人症の人が対象のベンチプレスで戦う力持ち集団です。パラリンピックでは人気種目ですが、日本ではまだまだマイナー。でも我々の目標はでかいです、なんと「筋肉で日本を持ち上げる」!パラ・パワーリフティングでは足の部分がベッドみたいに広いベンチ台に足を延ばしてあおむけになり、上半身の力だけでバーベルを押し上げます。世界記録は健常者を上回ります。我々はパラ・パワーリフティングの普及のために、面白い大会演出、楽しめる発掘会(いきみ顔選手権とか)、2028年ロスパラリンピックでメダルを取る夢を可能にする特別強化作戦、などを展開しています。さらに盛り上げるには皆さんの応援が力になります。筋肉養成、笑顔養成ぜひご一緒に!

【事業内容】

障害者パワーリフティング競技の普及に関する事業

障害者パワーリフティング競技力向上に関する事業

障害者パワーリフティング競技会の企画,運営及び支援に関する事業

期間

【スケジュール】

期間:   2022年6月~2022年9月

2022年6月3日(金)  :CommonRoom87

2022年6月11日(土) :Kick Off

2022年7月29日(金) :中間報告会

2022年9月22日(土) :最終報告会

1.プロジェクトの進捗(キックオフ~現在)

【プロジェクトの進捗状況】

キックオフ以降、週に1回ほどの頻度でオンラインミーティングで実施。オンライン中心でチームの目線を合わせるため、メンバーの中での約束事を5つ決め、毎回ミーティングの最初に確認をしています。また、チーム名をパワーリフティングで使用するリストバンドから『リストラッパーズ』とし、ロゴも作成。

連盟の実施するパラパワーリフティングの合宿や練習会にもメンバーが参加し、現場を経験しながら、選手やスタッフへのヒアリングなどを通じて現状の把握や今後の展開のための課題設定に努めてきました。

 

2.プロジェクトの進捗(中間報告会後)

【プロジェクトの進捗状況】

8月20日に開催される「TOKYO パラスポーツパーク in 駒沢」でのイベント実施に向けて、パラパワーリフティングの魅力を知り、体験してもらうためのコンテンツを検討。「イベントを実施する」という短期的な視点ではなく、中長期的に団体の目指すべき「ミッション」や「ビジョン」から丁寧に議論を積み重ね、企画内容の検討を進めています!

       〈中間報告会資料一部抜粋〉

プロジェクト一覧へ