プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > 「すべての子どもにココロの居場所がある社会を」あなたのいばしょ

「すべての子どもにココロの居場所がある社会を」あなたのいばしょ

プロジェクトの概要

あなたのいばしょが活動を進めるにあたっての課題を団体さんとともに考え、共有目標を作り、具体的な施策を立案し実行します。スタートした現在は①団体活動を継続させるための資金作り ②集まってくる様々なデータを社会課題にどのように生かせるか ③認知度の拡大などを想定していますが、社会人と団体さんでこれから議論して的を絞っていきます。

 

団体の次のステップを社会人が団体さんと一緒に考え実践していく中で、社会人は越境することによる学習をし、団体はその果実を甘受するようなプロジェクトにしていきたいと考えています。

パートナー団体

【パートナー団体 】

「特定非営利活動法人あなたのいばしょ」

望まない孤独をなくすため、信頼できる人に

確実にアクセスできる仕組みを創るため、

24時間365日誰でも無料・匿名で利用できる

チャット相談窓口を運営しています。

2020年3月設立。

https://talkme.jp/

 

【事業内容】

話したくても話せない、頼りたくても頼れない

といった「望まない孤独」が既存の社会課題

の複雑化をもたらし、解決を困難にしていると

考えています。私たちは「望まない孤独」を作らない

ためにテクノロジーやデータを活用し、奇跡ではなく

確実に信頼できる人にアクセスできる仕組みを

創っています

活動概要

活動

頻度

参加者

内容

①チャット相談事業

24時間365日、無料匿名で相談員が相談にあたります

世界中から参加するオンラインボランティアが対応

望まない孤独を持つ人がチャット相談ができる

②データ活用事業

適宜

 

緊急度判定や相談の質の向上に活用。将来的には獲得データを社会課題の解決に広く使えないか検討中

③孤独予防教育プログラム事業

適宜

 

社会人、子供

企業を対象とした大人用(LP)と学校における出張事業を想定した子供向け(CLP)がある。

期間

【スケジュール】

期間:2022年7月~2022年10月

2022年07月1日(金)  :Common Room88

2022年7月11日(月) :Kick Off

2022年08月26日(金) :中間報告会

2022年10月14日(金) :最終報告会

1.プロジェクトの進捗(キックオフ~現在)

【プロジェクトの進捗状況】

2022年7月11日 CR88あなたのいばしょ×二枚目の名刺チームがキックオフいたしました! 社会人は20代~50代、男女半々、住居エリアも首都圏が3人、東北・大阪が各1名と日本各地から集まったメンバーです。

あなたのいばしょさんからは理事をふくめて3名に出席頂きました。なんとそのうちお一人は毎回イギリスから参加していただくことに!グローバルなチームが既に2回のミーティングを行いました。

今後は、毎週1回の定例MTG(金夜 2時間)に加え、適宜必要なタイミングでMTG実施。基本ZOOM+Slackでコミュニケーョンのバーチャルチームで進めていきます。なかなかリアルで集合することはできませんが、2回目終了後には軽く懇親会も早速おこないました。

これから3か月が楽しみな滑り出しでした!

2回目に実施したお互いをよく理解するプログラム!

2.プロジェクトの進捗(中間報告会後)

【プロジェクトの進捗状況】

中間報告会までに、「チームの目標」を決め、具体的に検討することとして「寄付」と「事業収益」に絞ることを決めて2チームに分かれて議論を深める活動を進めています。

 チーム目標は「あなたのいばしょのために、社会人チームが一丸となって、望まない孤独を無くす活動を末永く継続できる仕組みをつくります」と決めました。あなたのいばしょの活動は急拡大しています。その活動のためにはこれまで以上に資金が必要になります。社会人はそこに焦点を当て、議論を深めることを決めました。

 「寄付チーム」は様々な年代の方が、望んで支援してくれるような仕組みを考えることにしました。まずは「ドナージャーニーマップ」を作成し、いろんな年齢層にどのようにアプローチしていけば良いのかを検討。その後は様々な寄付の方法をどの年齢層に使うか等を検討しています。

 「事業収益チーム」は、あなたのいばしょが新しい事業収益を作り出せる仕組みを考えることに。海外のメンタルヘルスユニコーンについてリサーチし事業構造を研究したり、国内のリサーチも行いました。それらをもとに社会人メンバーが事業企画を立案し、あなたのいばしょに提案することにしました。

 毎週一回の定例会議もブレイクアウトルームを使い、チーム毎に議論その後全体共有をして意見交換、を繰り返しています。最終報告会まであと1カ月となり社会人の士気もあがってきているように感じます。

 

プロジェクト一覧へ