プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > 「すべての子どもが自分の未来を描ける社会へ」一般社団法人もも

「すべての子どもが自分の未来を描ける社会」をめざすために、
もものパワーアッププロジェクト

プロジェクトの概要

ももが今後事業拡大を進める中で、関わる人はどんどん増えてきている。創業者お二人の中にあるコアバリューを具現化し、スタッフを含め誰もが個々の力を発揮し、自分らしく地域社会の中でいきていくことに寄与する「もも」へ

パートナー団体

【パートナー団体 】

一般社団法人もも

【事業内容】

⑴教育支援

 ⑵居場所支援

 ⑶暮らし支援

 (4)個別相談 

期間

【スケジュール】

期間:2022年5月~2022年8月

2022年 4月28日(木)  :Common Room 86

2022年 5月11日(水) :Kick Off

2022年 6月23日(木) :中間報告会

2022年 8月11日(木) :最終報告会

1.プロジェクトの進捗(キックオフ~現在)

【プロジェクトの進捗状況】

今回のサポートプロジェクトの舞台は高松です!社会人メンバーは年齢層や地域もバラバラのメンバー7人ですが、「ももの力になりたい!」とアツい思いは同じです!Kick Offではお互いの自己紹介や経験談に加え、もものたかひろさん、えりこさんにCRでは話しきれなかった団体紹介を熱く語っていただきました。その思いに応えるかのように、メンバーも活発な質疑応答を行いました。

 

 チーム名は「カシオペイア」と決まりました。

 カシオペイアは、小説「モモ」に出てくる、モモを時間の国へ案内する亀が由来です。「モモ」の副題は、「時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語」です。子どもが自分らしく過ごせる時間がないことは、その子どもの居場所がなくなることにつながるため「まなびや もも」にぴったりのネーミングになっています。

もものビジョンである「生まれ育つ環境に左右されず自分の未来に希望が持てる社会」に導けるように、メンバー一同日々議論を重ねています!

 

 

【2枚目の名刺が生み出し始めている「変化」とこれから】

 リーダーは決めず、毎回ファシリテーターを変えて議論を進めています。週一回のMTGは、ももの学習塾終了後の21時から開始と遅めです。開始時間が遅いゆえに、あまり遅くまで延長できないため、毎回のファシリテーターが工夫を凝らして、進めています。最初は遠慮がちだったメンバーも、時が経つにつれて表情も和らぎ、議論も毎週活発化しています。

 子どもたちの「居場所」は高松にあります。子どもたちが過ごしやすい「居場所」とはどのような場所なのか、どういう思いでお二人に子どもたちに接しているのか、その秘密を探りに有志で現地に訪問することを計画しています。机上の空論にならないように、舞台は現場であることを心に留めて、実りのある訪問にしたいと思っています!

 訪問前後で議論がどのように変わるのか、今から楽しみです!(もちろん高松に訪問することも楽しみです…!)

    

プロジェクト一覧へ