プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > 「多様性が推進力になる3か月」プロジェクト 株式会社 森未来 

「多様性が推進力になる3か月」プロジェクト 株式会社 森未来 

プロジェクトの概要

林業ベンチャーの森未来社には課題が山積しており、その課題を社会人メンバーが解決に取り組むというのが概要です。以下、現時点で決まっている内容です。

 

森未来社は林業ベンチャーとして2016年に創業し、事業を展開してきましたが、近年は既存事業の拡大展開の方向性、新規事業の開発、広報活動戦略が課題として浮き彫りになってきております。社会人メンバーからは改めて創業者の思いやビジョンを聞きたい、何ができて、何ができていないのかを整理し、その中でチームとして取り組める解決策をサポートプロジェクトで考えていくこととなりました。

 

パートナー団体

【パートナー団体 】

「株式会社 森未来」

私たちは、持続可能な森林をつくり、次の世代へ繋いでいきます。

森林・林業・木材のあらゆる情報をテクノロジーの力で集約し、未来を変革する木材流通をつくります。

【事業内容】

⑴木材販売のeプラットフォーム事業

⑵森林認証コンサルティング

⑶木材コーディネート

 

期間

【スケジュール】

期間:   2022年3月~2022年5月

2022年3月1日(火)  :CommonRoom 84

2022年3月7日(月) :Kick Off

2022年4月19日(火) :中間報告会

2022年5月 31日(火) :最終報告会

 

1.プロジェクトの進捗(キックオフ~現在)

【プロジェクトの進捗状況】

 Kick Offは、半分以上が自己開示となりました。初対面のメンバーばかりで、皆最初は様子をうかがっていましたが、共通点を見出したり等、少しずつ慣れてきました。

 その後、毎週月曜に定例会を実施することを決め、進行役を持ち回りで担当するなどのルールが決まっていきました。 SlackやGoogle Driveを使って定例ミーティングまでに自分の意見を出し合うというスタイルも定着して、プロジェクトは進行していきます。

 

【2枚目の名刺が生み出し始めている「変化」とこれから】

 初回の終盤より積極的に団体への意見、質問がありました。その後、皆不慣れながらも少しずつ自身の意見を主張し、周りとの対話も起こっており、活発に議論されておりました。また、皆が他のメンバーの意見を聞こうと積極的に質問もされておりました。

団体が属している林業界への理解や、課題を少しでも早く理解し、自分事化していこうという姿勢が見られました。

 まだ変化は少しですが、各人の知識レベルや言語を合わせ、皆でチームになろうという意思も見えてきており、今後団体との化学反応がどう出てくるかが楽しみです。

(あかまっちゃん)

 

2.プロジェクトの進捗(中間報告会後)

【プロジェクトの進捗状況】

 各メンバーが各人の個性を意識し、意見出しだけでなく、議論ができるようになってきた。

 団体への理解や、周辺環境への理解が深まってきており、団体の課題の本質を突く議論が出来てきたり、団体の当初の取り組みたかった事を掘り下げたりと、団体からの信頼も回を重ねるほどに、厚くなっているのを実感しております。

 チームは、中長期的目線で広報を考えるチームと、短期目線で考えるチームに各人の考えから分かれ、自走していっている状態です。

 団体との意識合わせや、双方の方向性に差はないか等もチームメンバーで主体的に考え、ゴールを合わせ、取り組んでいる

 

【2枚目の名刺が生み出し始めている「変化」とこれから】

 チームメンバー各人の長所や面白い考え、またその多様性を否定せずに、積極的に取り入れる様になってきたと考えます。

 2チームとも、各メンバーのアイデア・団体の意見を素直に聞き、良い点を取り入れ、現実的な目標を設定することができていると思います。

 まだ遠慮をしている所や、気遣って踏み出せていない所も見受けられますが、メンバー各人の知識もそろってきている事もあり、少しづつチームとしての一体感が出てきているかと思います。

 最終のゴールを見据えて、どこまでやりきるか、やりきれないなら同団体に託すかも含め、チーム皆が腑に落ちる形で終える事ができ、皆が後悔無い様に終える事ができればと考えます。

プロジェクト一覧へ