プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > 「誰もが笑顔で助け合える未来へ」 のためのプロジェクト

「誰もが笑顔で助け合える未来へ」 のためのプロジェクト

プロジェクトの概要

異なる背景を持った社会人メンバーが参加することで、団体の目標である「福祉の仕事のイメージアップや、福祉の関係人口を増やすこと」を加速する。そのために福祉関係の啓蒙を図る「人生すごろく」を世に出すことを目指す。

パートナー団体

【パートナー団体 】

「任意団体 福祉KtoY」

【事業内容】

(1)全国医療福祉学生・若者コミュニティWelCaMeの運営(オンライン、シェアハウス等)Welfare福祉、Care 介護、Medical 医療 の頭文字をとっています。

(2)スカウト型医療福祉就活イベントWelCaMe Match

(3)AMAZING FU

期間

【スケジュール】

期間:   2021年11月~2022年2月

2021年11月2日(火)  :CommonRoom 82

2021年11月9日(火) :Kick Off

2021年12月23日(木) :中間報告会

2022年2月9日(水) :最終報告会

1.プロジェクトの進捗(キックオフ~現在)

【プロジェクトの進捗状況】

Kick OffはCommon Roomからちょうど1週間後に行われました。その前にはデザイナーと社会人メンバー、デザイナーと団体代表とone on one MTGを実施しましたので、プロジェクトに関する不安などを払拭していたので、プロジェクトに関する緊張はある程度取れていた感じでKick Offを迎えることが出来ました。社会人メンバーと団体とは初めての面会でしたので、お互いにどんな背景を持った人達なのか興味津々な様子が伺えました。最初に、予め書いてもらった「自己紹介用スライド」に基づき、自己紹介タイム、残りの時間で団体からの福祉についての熱い想いとこのプロジェクトで取り上げたい課題について語ってもらいました。

メンバーの背景は様々な職種で、また福祉など考えこともない方や福祉に携わっている方もいて、多様性のあるメンバーでの参加でした。次回からは、毎週1回、19時から2時間のペースで打ち合せの場を設定しました。

 

2枚目の名刺が生み出し始めている「変化」とこれから】

初めは初対面でかつオンラインでの開催ですので、お互い様子見でした。自己紹介を始めてからは少しは打ち解けた表情で、特に自己紹介の項目、「不安なこと」「プロジェクトへの期待」「苦手なこと」自らをさらけ出す問には、ほっとした印象を受けました。まずは、順調なKick Off開始でした。

年齢が社会人、団体共に20歳、30歳がメインで近いこと。職業も福祉従事者、経理1本やりの方、薬剤師、新規事業・企画畑の方とバラエティに富んだメンバーです。開始時間前には全員が参加、予めお願いしていた自己紹介スライドも完成し、自己表現もそつなくしてもらいきちんとしたチームだと思います。まだ、初回ですが和を乱すメンバーもいなく、団体の解決したい課題にも熱心に耳を傾け今後が楽しみです。

プロジェクト一覧へ