プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > 「~「想い」と「つながり」が社会を変える~」のためのプロジェクト NPO法人ブリッジエーシアジャパン 

「~「想い」と「つながり」が社会を変える~」のためのプロジェクト

プロジェクトの概要

BAJの活動を幅広く認知してもらい、長期的なサポーターの獲得を目指す、というのが概要です。以下、現時点で決まっている内容です。

 

BAJはベトナムにおける農家支援のためのスタディツアーなどを開催していましたが、コロナ禍において活動が大きく制限されてしまいました。サポートプロジェクトで期待していたことはオンラインで出来る活動の提案だったのですが、社会人メンバーからは団体の活動があまり認識されていないという課題が示され、その解決策をサポートプロジェクトで考えていくこととなりました。

 いまは2つのプロジェクトを始めようとしています。1つめは、古着リサイクル活動「フルクル」の協力企業開拓です。「フルクル」はBAJの活動資金集めのために実施していましたが、SDGsへの関心が高まっているのでもっと広めることが出来るとメンバーは考えました。例えば、引っ越し会社のSDGs活動として協力してもらうという案が出ています。

 もう1つは教育機関にBAJの活動を認知してもらうというプロジェクトです。SDGs教育の一環として、あるいは探求型教育の一環としてNPO法人に対して問い合わせをする教育機関が増えています。そこで、こちらからBAJの活動を教育機関に売り込み、授業に取り入れてくれるところを開拓していきます。

 

パートナー団体

【パートナー団体 】

「 NPO法人 ブリッジエーシアジャパン    」

ブリッジエーシアジャパンはアジアの困難を抱える人たちに寄りそう団体です。

貧困、難民、紛争など、アジア地域には難問が山積しています。私たちブリッジエーシアジャパン(BAJ)はこうした課題に対し、地域の住民と一緒に考え行動することで解決の道を探ります。

1993年に発足したBAJは、ベトナムとミャンマーで国際協力活動を進めてまいりました。宗教や言語の違いを越え、職業訓練、環境保全、インフラ整備などの事業を通して民族の融和を目指し、相互理解の架け橋となることを目指しています。

 

【事業内容】

 ⑴ ミャンマーにおける地域インフラ整備活動、職業訓練支援、機械修理などの技術研修

 ⑵ベトナムにおける農業支援

 ⑶古着リサイクルプログラム「フルクル」

期間

【スケジュール】

期間:   2021年 10月~2021年 1月

2021年10月  3日(日)  :CommonRoom 81

2021年10月9日(土) :Kick Off

2021年11月20日(土) :中間報告会

2022年  1月  8日(土) :最終報告会

 

1.プロジェクトの進捗(キックオフ~現在)

【プロジェクトの進捗状況】

Kick Offは2時間を予定していましたが、メンバーの都合もあり1時間の短縮バージョンで実施しましたが、自己紹介を中心に進めて相互理解が少し進んだ感覚がありました。

 その後、毎週木曜に定例会を実施することを決めて、進行役を持ち回りで担当するなどのルールが決まっていきました。初めての定例会では、「好きなお菓子」というテーマでアイスブレークを始めたのですが、その後もアイスブレークが定着して毎回和やかなムードでミーティングが進むようになりました。

 SlackやGoogle Driveを使って定例ミーティングまでに自分の意見を出し合うというスタイルも定着して、プロジェクトは順調に進行しています。

【2枚目の名刺が生み出し始めている「変化」とこれから】

 初めは様子見の感じがありましたが、2回目以降は積極的な発言が目立ちました。オンラインならではの発言のタイミングの難しさはありますが、Jamboardを使って各自が意見を出しやすくしたり、意見を整理しやすくする工夫をすることで、議論に取り残される人は出ていない状況です。

 先に発言する人、他の人の発言を聞いてから自分の意見を言う人、などスタイルはそれぞれですが、このチームはそのバランスが取れています。自分の発言が長かったかな、と思った場合は他の人に意見を聴くということも出来ていて、チームワークは醸成されつつあります。

 これからタスクが具体的になってきて、分科会なども始まってきます。そうなると、メンバー間のコミュニケーションも増えますので、お互いのことをもっと知ることが出来て、さらにチームワークが良くなっていくと期待しています。

プロジェクト一覧へ