プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > 任意団体 就労支援ネットワークONE「自分らしさで輝く社会へ」のためのプロジェクト

任意団体 就労支援ネットワークONE「自分らしさで輝く社会へ」のためのプロジェクト

プロジェクトの概要

難病患者は行政支援の狭間にあり、障がい者手帳を持っている方もいる一方で、障がい者手帳発行の対象外となっている方が多くいます。難病患者が就労する際、障がい者手帳を持っている方は”障がい者枠”での雇用という就労支援の制度が整えられているが、、障がい者手帳発行の対象外となっている方は、難病を公にしないで一般雇用の形で就労したり、就労を諦めている人も多くいます。また、一般雇用で就労している人の中でも、治療と就労の両立に対する企業の理解が得られないために、離職せざるを得ない方も多くいます。就労支援ネットワークONEは、このような行政支援の狭間にある難病患者が多くいることを世の中に広く知ってもらうと同時に、”就労”に焦点を当てて、これまで支援のしくみが整えられていなかった「難病患者が就労する」ことが普通に行われる社会になることを目指し活動をしています。今回のサポートプロジェクトでは、団体さんの想いに共感した社会人と就労支援ネットワークONEのメンバーがワンチームとなり、団体さんの想いをより一歩実現に近づけるためのプロジェクトに取り組みます。

パートナー団体

【パートナー団体 】

任意団体 就労支援ネットワークONE

 

【事業内容】

難病患者・難治性な疾患患者・長期慢性疾患患者など、治療をしながら生きる人( ONE)の今と未来をともに考え、治療と仕事の両立を考える人を置き去りにしない多様な働き方の実現を目指して活動している団体です。2019年に設立され、以下の他にもさまざまな活動を行っています。

1.企画就労の個別相談

2.ONE×官民連携による協働

3.執筆・メディア発信

4.他団体とのコラボによるイベント開催

5.当事者とさまざまなコミュニティでの交流の場の開催

 

期間

期間:  2021年9月22日~ 2021年12月22日

2021年9月15日(水) :CommonRoom 80

2021年9月22日(水):Kick Off

2021年11月6日(土):中間報告会

2021年12月22日(水):最終報告会

1.プロジェクトの進捗(キックオフ~現在)

【プロジェクトの進捗状況】

これまでKickoffを含めて2回のミーティングを行いました。この2回のミーティングでは、メンバーがお互い初対面であるため、自己紹介を行ったり、性格診断ツールの使用を通して自分の強みだけでなく弱みも共有することで、”お互いが助け合う”というチーミングに重点をおきました。また、slack上でメンバーの自己紹介欄を設けたり、ミーティング後に短時間ではありますが”ぷち懇親会”を行い、プロジェクト以外の話をする機会も設けました。そのことで、少しずつですが相互の距離感が縮まってきたと感じています。

さらには、プロジェクトを円滑の進めるために、メンバー全員で共有できる”気づき共有シート”も設けました。このシートに、毎回のミーティング後に疑問が残ったこと、メンバーへの提案、プロジェクトの進め方に対する要望などを自由に記入してもらうことで、このシートが毎回のミーティングをより深い内容となる手段として機能することを期待しています!!

 

【2枚目の名刺が生み出し始めている「変化」とこれから】

ONEさんが目指す「難病患者など治療をしながら生きる人の今と未来をともに考え、
治療と仕事の両立を考える人を置き去りにしない多様な働き方の実現」のための活動の現状や、
ONEさん取り組みの今後のスケジュール感について、社会人メンバーと団体メンバーとの間で質疑応答しながら、
社会人メンバーがONEさんの活動をより深く知ることで、各社会人メンバーそれぞれがそれを自分事化していっているところです。

 


また、始めは手探り状態だった社会人メンバーも、ONEさんの活動を少しずつ深く知っていくことでONEさんのValueが
見えてきつつあります。

さらには、各社会人メンバーがONEさんの活動を自分事化し、かつONEさんのValueを見つけながら、
「自分できることは何か」を考えることも始まろうとしています。活動の糸口を見つけつつあるこれらメンバーが
ひとつのチームとしてまとまり、これからどのような具体的な取り組みが生まれてくるのか、
今からワクワクしています!! (あきさん)

 


プロジェクト一覧へ