プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > 「自分でつくった壁を乗り越える」 ためのきっかけづくり

「自分でつくった壁を乗り越える」 ためのきっかけづくり

プロジェクトの概要

To smileは、レックリングハウゼン病1型の方々が「夢や思いを実現し誇りを持って生きていける社会」
生きやすい世の中にすることを目指しています。

そのため、当事者(患者と家族)が自分で造っている「壁」を乗り越えられるように、自分たちが自ら一歩踏み出すきっかけを作り、
現在参加していない当事者にTo smile を知ってもらう。そしてTo smile に参加して、仲間がいることや自発的に動こうとしている人を
認知し、自ら一歩を踏み出すことの手助けをする。

パートナー団体

【パートナー団体 】
任意団体To smile(レックリングハウゼン病1型の患者家族会)

 

【事業内容】

(1) 学会との協力事業

(2) 医療セミナー

(3) 交流会

(4) サマーキャンプの運営補助

期間

期間:   2021年 8月~2021年 11月

2021年 7月 30日(金)  :CommonRoom 79

2021年 8月 6日(金) :Kick Off

2021年 9月 17日(金) :中間報告会

2021年 11月 5日(金) :最終報告会

1.プロジェクトの進捗(キックオフ~現在)

【プロジェクトの進捗状況】

Kick Offは、Common Room 79から一週間ほど後の土曜日の夜に開催。

大学3年生と社会人(30代~40代)の4人、そのうち1人はシンガポールから参加と多様なメンバーとなりました。

参加メンバーと団体からの参加者2名の自己紹介にたっぷり時間を使い、お互いを知ることに重点をおきました。そのお陰もあり、まるで旧知のメンバーかのように話もはずみ次回以降のミーティング日程や進め方を決めて終了しました。

キックオフを含めて8月中の4回の打合せで、このプロジェクトで何をやるのかの大枠が決まり、次回から具体的な内容の詰めを開始する予定です。

団体内部メンバーの活性化と団体外の対象者へのアピールの両面作戦がどこまでうまく軌道に乗るか期待が膨らむところですが、立ちはだかる壁にチームワークでどう立ち向かうかも楽しみなところです。

【2枚目の名刺が生み出し始めている「変化」とこれから】

 

キックオフでの和気あいあいも、実際の内容検討に入ると、団体とメンバーやメンバー間での遠慮が見られましたが、検討が具体的な話になるにつれそれもなくなってきました。

その中で最も大きな変化は、To smile 代表の方の「外部の方々」がこんなにも真剣に団体のことを考えてくれるとこを実感し、それをメンバーに披露してくれたことでした。

その言葉を聞きメンバーもなお一層、このプロジェクトを成功させたいとの思いを募らせました。

 

 

 

プロジェクト一覧へ