プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > 「だれもが魅力的に、働き生きることのできる社会」をめざすために、ハロハロの認知度向上プロジェクト

「だれもが魅力的に、働き生きることのできる社会」をめざすために、ハロハロの認知度向上プロジェクト

プロジェクトの概要

ハロハロの取組みや取り扱い商品の認知度を向上することで、フィリピン・日本問わず「だれもが魅力的に、
働き生きることのできる社会」の実現をめざします。

パートナー団体

【パートナー団体 】
NPO法人ハロハロ

 

【事業内容】

⑴生計向上事業

⑵教育事業

⑶啓発事業

期間

期間:   2021年 8月~2021年 11月

2021年 7月 30日(金)  :CommonRoom 79

2021年 8月 6日(金) :Kick Off

2021年 9月 17日(金) :中間報告会

2021年 11月 5日(金) :最終報告会

1.プロジェクトの進捗(キックオフ~現在)

Kick Offは、ちょうどCommon Room 79から一週間後の熱帯夜に行いました。年齢層や地域もバラバラのメンバー4人ですが、「ハロハロの力になりたい!」とアツい思いは同じです!Kick Offではお互いの自己紹介に加え、団体の成瀬さんに、CRでは話しきれなかった団体紹介を熱く語っていただきました。その思いに応えるかのように、メンバーも活発な質疑応答を行いました。

 チーム名は「ミックスフライ」と決まりました。

由来をお話しする前に、「ハロハロ」と聞いて何を一番最初に思い出しますか? 多くの方は某コンビニのスイーツではないでしょうか?実はハロハロはタガログ語で”ごちゃまぜ”という意味なんです!(私もフィリピンの言語だとは知りませんでした。)

 「mix= ごちゃ混ぜ(=ハロハロ)、 fly= jump、飛躍」ということで、多様なメンバーで、ハロハロや私たち自身の飛躍に結びつけるよう、メンバー一丸となって突き進んでいきます!

 

【2枚目の名刺が生み出し始めている「変化」とこれから】

リーダーは決めず、毎回ファシリテーターを変えて議論を進めています。週一回のMTGは21時から開始と遅め、かつ団体の方は別の定例MTGのため22時から参加と、時間にシビアな打ち合わせになっています。

 限られた打ち合わせ時間のため、次週のファシリテーターのメンバーが、次のMTGまでに何を考えていくべきか、MTGでは何を議論するのかを逐一共有し、制約を乗り越えていっています。

 時間的な制約だけでなく、フィリピンの支援ということでコロナ禍でなくても、物理的な制約があります。今後、よりサポートプロジェクトが具体化していくなかで、これらの制約をどう乗り越えていくのかが楽しみです。

 

ハロハロでは、マンスリーサポーターやご寄付を募集しております。

興味を持たれたかたは、一度ウェブサイトをご訪問ください。

https://www.npohalohalo.org/

 

プロジェクト一覧へ