プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > RAC「Lead the self, Lead the people, Lead the society」のためのプロジェクト

RAC「Lead the self, Lead the people, Lead the society」のためのプロジェクト

プロジェクトの概要

「親に頼ることができない子ども応援する」 RACさんのミッションに共感したメンバーが、里親をもっと身近に感じてもらえるような施策の立案・実行に取り組んでいます。

 This is RAC! (RACらしさ)を大切にしながら、メンバーが熱い議論を交わしています。

パートナー団体

【パートナー団体 】
一般社団法人 RAC       

 

【事業内容】

① 「近所deすごし隊」:親子がお互いに少し距離を取りたい時に、子どもが自宅の近所の協力家庭で過ごすことができる事業

② 「里親ひろめ隊」:親子が家族として一緒に暮らせなくなった時に、子どもと一緒に生活をしてくれる里親さんと、その理解者を増やす事業 ⑴

期間

期間:   2021年6月~2021年9月

2021年 6月 4日(金)  :CommonRoom 78

2021年 6月 11日(金) :Kick Off

2021年 7月 30日(金) :中間報告会

2021年 9月 24日(金) :最終報告会

メンバー同士が積極的につながるチームが誕生しました!

RACさんのプロジェクトチームは11人の大所帯。しかもオンラインのキックオフミーティング。通常であれば、初日は様子見で終わると思います。 しかし、このメンバーは違いました。それぞれが積極的に発言するし、相手に対して壁をつくりません。

なぜサポートプロジェクトに参加したのか。なぜRACさんのプロジェクトに手上げしたのか。それぞれの想いが素直に共有されていきます。 さらにSlackではそれぞれの自己紹介に対して、たくさんコメントが並びます。 人のキラリと光るところを見つけて、それを言葉で表現することがすばらしいです。

このチームに起こるこれからの化学変化が楽しみで仕方ありません。

 

【2枚目の名刺が生み出し始めている「変化」とこれから】

「メンバー同士の積極的なつながり」が、今後大きな変化を生み出しはじめています!
「2枚目の名刺を持って活動する」といっても、どのように活動するか、最初はわからず戸惑うのが普通です。

ただ、このチームには本業以外で別に活動した経験者がいます。
その経験者たちの初めの一歩、その動きだしが初「2枚目」メンバーが初めの第一歩を
踏み出しやすくしているようです。

例えば、会議のファシリテーション。初回はデザイナーが担当しましたが、2回目はいきなり社会人メンバーが担当してくれました。
しかも質が高い!!! それをきっかけとして、3回目以降も当然のように社会人メンバーが担当してくれます。

 また、Slackでのコミュニケーションも密度が高いです。会議以外の時間でどのようにメンバー間でコミュニケーションするか、お手本の山です。私もこのチームで最初の2枚目を経験したかった(笑

プロジェクト立ち上げ期にもかかわらず、メンバー間で学びあいがあり、大きな変化の芽吹きが見られます。 
中盤以降の大きな変化に期待大です。

 

プロジェクト一覧へ