プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > NPO法人月と風と「しょうがい者の社会参加増進」プロジェクト

NPO法人月と風と「しょうがい者の社会参加増進」プロジェクト

プロジェクトの概要

NPO法人 月と風とは「重いしょうがいのある方が暮らしやすいまちは、誰にとっても暮らしやすい。みんなで関わり合うことで、新しい価値をつくっていく。」そんなスローガンを掲げ活動されており、そんな地域づくりを目指されている団体です。

パートナー団体

NPO法人 月と風と
https://tsukitokazeto.com/

事業内容
1:地域のしょうがいを持たれている方への「ヘルパー事業」
2:しょうがいのある方と、ない方が共に楽しく交流/表現できる「場づくり」
3:チャリティショップ(古着販売)とグッズ製作を通じた当事者が参加できる「しごとづくり」

活動内容
https://tsukitokazeto.com/activities/

期間

2020年6月~2020年9月

【スケジュール】
2020年6月13日(土):CommonRoom74
2020年6月20日(土):Team Kick Off
2020年8月1日(土):中間報告会
2020年9月26日(土):最終報告会

取組課題

しょうがい者は体が弱く緊急事態宣言が明けても外にでない日々の方が多く、オンライン・オフラインでも働ける、また自分を表現できる場が少ない状況があり、新たな仕組みを構築することで、当事者の社会参加を促し、明日がくるのが楽しみなまちをつくることを目指しています。

プロジェクトの進捗(キックオフ~現在)

【プロジェクトの進捗状況】
今回のプロジェクトメンバーは、6/13CommonRoomで「月と風と」代表清田さんのプレゼンを聞き、共感された方で、男性2名、女性3名の計5名の構成となっています。
メンバーの本業は、特別支援学校の臨時講師、新規事業開発、人事部(しょうがい者雇用)、市のケースワーカー、そして育児休職中だけど社会貢献に興味を持つママさんなどで、本業職種や年齢層も様々で幅広い知識と感性を持ち合わす素晴らしいチームとなっています。

チームのキックオフは6/20(土)に開催しましたが、その前段で一人一人の意気込みをプロジェクトデザイナーとの1on1で聞かせてもらい、その時からメンバーの熱量を感じるとともに、多様な顔ぶれで思いの強さを感じていました。キックオフ当日は、自己開示に多くの時間を割き、①今思っている事、②名前&ニックネーム、③ 本業と自身のスキル、④学生の時の自分(打ち込んだこと、楽しかったこと)、⑤ SPJ決意表明、に時間をかけたことで初対面のメンバー間に繋がりが芽生えた瞬間であったと感じています。これは、「いいチーム」を作るために「帰属意識、自己開示で弱さも共有、目的・目標を共有」が重要との説明に理解を示して頂いたことも繋がりの一助となったのではないでしょうか。

今回のプロジェクトはオンラインを駆使し進めることとしており、本格議論開始前にコミュニケーションツールの“Slack”で「これからの進め方」について意見交換が早速交わされ、アジェンダ設定や情報収取など手分けした動きが始まるなど、オンラインを駆使し密なコミュニケーションでスタートしている状況です。通常の集合形式MTGでは実現しないスピード感で、議論・情報共有/収集、アイデア出しなどが進み、6/28開催の定例MTGで初回とは思えないほど論点整理がされ、団体の話も聞き意見交換を進め、早速2テーマへ絞り込み集中検討を行うこととなりました。

次の週次定例MTGまでに、小グループでの議論を臨時開催することになり、更に議論を進め進化させ、僅か2週間でメンバーの理解が深まるとともに様々な具体的なアイデアが飛び交う状況まで、スピード感を持ち進めてもらっています。
この社会人メンバーは、定例/臨時MTG参加のため外出先からでも参加したり、こどもの生活リズムに合わせ寝ている時間帯を見計らってMTG参加したりと、全員が工夫しながら活動をして頂いている姿は、正に二枚目の名刺を持つに相応しい社会人だと実感しています。

プロジェクト期間中に生み出したことが、プロジェクト終了後も継続的に活用してもらえるよう、知恵を振り絞っています。必ずやってくれると確信しています!
(きんぐ)

プロジェクトの進捗(中間報告会)

【中間報告会実施レポート】

8/1(土)にオンラインにて同時進行中の他の2団体のチームも含めて、メンバー全員で中間報告会を実施しました。
キックオフ以降で、まず実践したことは共通のビジョンを作るところからスタートさせようと、「月と風と」の「思い」「大切にされていること」について理解するため、オンラインで代表の清田さんから思いを聞き、理解を深めました。また、活動現場(古着ショップ “ふくる“)見学や、団体内部の打ち合わせにも参加させて頂いたり、しょうがいのある方々ともリアルやオンラインで対話機会を頂くなど、本プロジェクトの基本となる「共感」について一歩ずつ前に進めてきております。

その「共感」を通じ、チーム目標を「誰にとっても生きやすい社会になる」とし、「社会・人との繋がり」「自己肯定感・承認」を実現できる企画を、団体代表、社会人メンバー間で合意し、2テーマに絞り込みを行いました。

 

テーマ①ハンディキャップを逆転するオンライン活用イベント

テーマ②共通の課題と関心を持つしょうがい者と健常者を繋げるイベント

 

この2テーマを設定した後に企画内容を検討するためグループ分けを行い、全体ミーティングは毎週土曜日と設定していたので、グループ別に平日打ち合わせを実施することにしました。各ミーティングへ団体代表の清田さんにも参加をいただくなど多くの時間を割いていただき、密度濃く議論と検討を進めることができました。
しかし、中間報告のタイミングまでに詳細の詰めには至らなかったのですが、その日の夜に臨時で全体ミーティングを開催し企画内容の詰めを実施するなど、納得いくまでの議論と検討を繰り返し、妥協せずに取り組んでいる姿を目の当たりにし、社会人メンバーの成長を垣間見た瞬間でもありました。

テーマ①は、「オンライン活用イベント」で、聴覚障害のある方にイベント参加をしてもらい「耳を澄ませ聴き合うワークショップ」と題し企画を進め、9月中旬にイベント開催できるよう準備を進めることにしています。そのイベントでは、Zoom映像に字幕を音声認識ソフトを利用しリアルタイム表示を可能としたり、グランドルールを決めたうえで障害の有無に関わらず普通にコミュニケーションできるよう、しょうがい者と健常者の壁を超える交流会を実現させたいと考えています。

 

テーマ②は、「しょうがい者と健常者を繋げるイベント」で、「オンライン・ファッションショー」の準備を進めており、しょうがい者も健常者も共通した課題を解消するペルソナを対象としたイベントとします。検討の結果「ペルソナ①:子育てままさん」「ペルソナ②:しょうがい者の方」とし、共通課題の「社会と関わりたい」「自己肯定感・承認」に対し、ファッションを通じて一緒に解決することで相互理解の促進を実現させたい思いです。

 

最終報告会まで、残り8週となり時間も限られている状況でありますが、単発の取組みで終わる企画は想定しておらず、オンライン企画ではしょうがい者とのオンラインコミュニケーションにおける手法やグランドルール等整備、またファッションショー企画では企業やイベントをサポートできる専門学校など、継続的な関係構築を意識したイベント開催を目標としています。社会人メンバー、団体代表の清田さん始め団体スタッフの方々、協力頂けるしょうがい者の方々で、ワクワクしながら本プロジェクトを最後まで進めてまいります。
(きんぐ)

プロジェクト一覧へ