プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > CR74 NPO法人JAE×二枚目の名刺サポートプロジェクト

CR74 NPO法人JAE×二枚目の名刺サポートプロジェクト

プロジェクトの概要

NPO法人 JAEは『若者が希望と誇りを持ち、挑戦する社会』をビジョンに、キャリア教育プログラムの企画、運営などをしているNPO法人です。小中高校×企業×地域の協働体験プログラム「ドリカムスクール」や、大学生実践型インターンシップ「アントレターン」などの事業を通じて、こども・若者・大人が出会い、学び合う場を創っています。

パートナー団体

NPO法人JAE(ジャイー)
https://jae.or.jp/

事業内容
◆キャリア教育プログラム(『アントレターン』『ドリカムスクール』)の企画・開発
※小学校から大学生・若者を対象とした働く大人との交流や仕事体験などのキャリア教育プログラム(学校・企業・行政・地域住民など)の企画・開発・コーディネート

期間

2020年6月~2020年9月

【スケジュール】
2020年6月13日(土):CommonRoom74
2020年6月18日(木):Team Kick Off
2020年8月1日(土):中間報告会
2020年9月26日(土):最終報告会

取組課題

従来の企業×学校の協業で実施していた職業体験プログラムをWith/ Afterコロナ時代に適した形に進化拡大させる事(例:On-lineプログラムの開発など)。
もしくは、ビジネスモデルの強化策を提案する事。
(1.既存のコア収益源である企業向け”社員育成プログラム”を充実させる方策、2.あらたな収益モデルの構築の提言)

プロジェクトの進捗(キックオフ~現在)

【プロジェクトの進捗状況】
今回のプロジェクトメンバーは、5/31説明会・6/13CommonRoomでJAE坂野さんが語った団体の活動や想いに共感して参加を決めた社会人男性5名、女性1名の構成。それそれがキャリア教育に関する課題意識を持ち、自分が貢献可能なエリアがどこにあるのかを見極めたくてうずうずしているメンバー達です。1枚目の専門エリアも、キャリアコンサルタント資格保持者、広報のプロ、銀行出身の経営企画、人事・労務のプロ、ベンチャー営業、小学校教師と多彩な顔ぶれ。また大阪・京都・兵庫の関西圏以外に、東京、愛媛のメンバーを有するバーチャルチームです。

Kick-Off Meetingは、Zoomを用いた2部構成。まずは、チームメンバーの自己紹介を中心にすすめました。メンバーに必ず紹介してね、とお願いしたのが参加理由とこのプロジェクト活動から得たいもの。参加理由には、①キャリア教育は「生き方教育」だという団体メッセージへ共感し、子どもたちが希望を持って生きていくための仕組みづくりに関わりたい、②会社に依存しない生き方を模索しており自分のパラレルキャリアのステップにつなげたい、③自分が培ったビジネススキルを社外でも活用してみたい、という意欲的な声があふれました。
また、このプロジェクト活動から得たいのは、同じ想いを持った新しい仲間たちと一緒に①1枚目にはない新しい分野に関わり、社会課題を自分事として深く捉えられる経験をしたい、②チームで成果を出す達成感を得たい、③新しいことに取り組むワクワク感、短期プロジェクトならではのスピード感を体感したい、そして自己成長したい、など挑戦的な意思表明が続きました。

第2部では、改めてJAE坂野さんに団体が二枚目社会人メンバー達と解決していきたいと考えている課題感についてお話し頂きました。メンバーからは次々と質問がなされ、キャリア教育の現状と課題の整理、JAEの活動の全体像とその課題、さらに課題の本質は何なのかを探索していく時間となりました。

Kick-Off終了後は、Zoom交流会へと突入!飲み物を片手にざっくばらんなはじめましてトークでチームの交流を深めました。

この多様性の高いメンバー達からどんな議論が誘発され、どのような化学反応がおこってどんな成果を産み出すのか、今後がとても楽しみです。(ゆきえ)

プロジェクトの進捗(キックオフ~中間報告会)

【プロジェクトの進捗状況】

キックオフミーティングから1か月半。二枚目×JAEチームは、タックマンモデルの”混乱期”に突入。それぞれが、JAEへの貢献エリア、自分のやりたいこと、自分の強み、チーム全体としての強みを理解を徐々に深めながら、3か月というプロジェクト期間の制約も考慮した”最適解”としての自分たちのゴール設定に頭を悩ませました。

 

そんな中、チーム名決定ぷちプロジェクトが発足。性格分析アプリ(動物タイプ別としてカテゴリー分け)で、チームメンバー全員が違うタイプという多様性がさらに浮彫に。そんな背景も後押ししてチーム名は“Animals”に決定!発案メンバーがロゴのデザインまでこだわり、リモートプロジェクトの象徴であるZOOMと同じトーンの水色の素敵なオリジナルロゴを設定してくれました。“Zoomで開園、愉快なZOO”というキャッチフレーズとともにさらにチームの結束が深まりました。

 

次に、チームがお互いの意見を尊重し試行錯誤しながら到達したのが、チームが考える”キャリア教育のありたい姿。このチームメンバーは、JAEのビジョン「若者が希望と誇りを持ち、挑戦する社会」を達成するために、キャリア教育を通じて、未来を担う子供や若者たちが「人や自分と対話し、今の自分を理解している状態」になれることを願い、その一助となる貢献・成果を設計していくように誓いあいました。

では、そのありたい姿に到達するためにこのチームが個性を活かしつつ最大限貢献しうること、それぞれが意欲的にわくわく感をもって取り組めることは何か??キックオフから6週間の討議を経て、たどり着いたのは2つのメインプロジェクトと、個々のメンバーが取り組みたい4つのサブプロジェクトでした。

 

メインプロジェクトの一つ目は、プラットフォーム構想への貢献プロジェクト。JAEは現在進行形で、キャリア教育に熱意をもって取り組む様々な人々をJAEを中心に結びつける”プラットフォーム構想”を計画中。二枚目JAEチームが着目するのは、キャリア教育に高い興味を持っているのにもかかわらずキャリア教育にかかわる機会が少ない”キャリアコンサルタント”と”JAE”を結びつける視点。また、教育現場でキャリア教育の実践を行う教師と、キャリア構築アドバイスのプロであるキャリコンを結びつけるもう一つの視点です。教師×キャリコン×JAEの直接対話から生まれるシナジーは何か、オンラインイベントの開催を通じて探っていく予定です。

 

次に、2本目の柱として計画をしているのが、ドリカム・プレ・スクール構想。これは、JAEのコア事業の一つである”ドリカムスクール(キャリア教育@教育現場×企業の社員育成×地域貢献×JAE)をシンプルにしたキャリア教育パッケージをつくるプロジェクトです。JAEさんのドリカムスクールは、教育現場の教師や地域の皆さんの願いをしっかりとヒアリングしたうえで、オーダーメイドのキャリア教育プランを提案、実行していく質の高いプログラム提供がその魅力。そのドリカムスクールの魅力をさらに幅広く知ってもらい理解を深めてもらうためのきっかけとして、ドリカムスクールの簡易バージョンのプログラムの構築を模索していきます。

さらに、他の4つのサブプロジェクトは、メンバーの強みに強くドライブされた貢献プロジェクト。収益モデルの可視化、ステークホルダーマップ作製など、メインの2つのプロジェクトを進める傍らで個々のメンバーが挑戦していきます。

今回のプロジェクトは完全リモート環境で行っています。一度も対面したことがないこのチームが、オンラインで信頼関係を構築し、時にはぶつかり合いながらもプロジェクトを前に進めている姿をみて、社会人メンバーの可能性に感動を覚えています。

 

中間報告会では、チームの状況を共有し他のプロジェクトチームとの意見交換を行い学びあいました。他のチームが、現場の視察やNPOさんの活動への参加を行っていることに刺激を受け、またチームの活動にも変化が起こりそうです。

 

写真は、ZOOMでの協働作業でハート型をつくるぷちワーク。1か所間違えがあるのはご愛敬。これから、ますますこのチームの進化が楽しみです。
(ゆきえ)

 

プロジェクト一覧へ