プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > 東京都障害者セーリング連盟サポートプロジェクト

東京都障害者セーリング連盟サポートプロジェクト

プロジェクトの概要

パートナー団体

東京都障害者セーリング連盟

http://parasport-sailing.tokyo/

期間

2019年11月6日~2020年1月31日 

メンバー

社会人メンバー4名

キックオフ、そして障害者セーリング体験!

10月25日に開催されたコモンルームで、東京都障害者セーリング連盟の活動とその想いに共感したメンバーが集まって始まったプロジェクト。
キックオフから中間報告会までのレポートです。

キックオフ当日は海外出張中のメンバーもいて、全員がそろって顔合わせをすることはできませんでした。しかし、出張中のメンバーはTV電話でミーティングに参加!その意欲に他のメンバーのモチベーションもあがりました。

キックオフ後は、東京都障害者セーリング連盟が目指すコト、直面する課題、このプロジェクトで何ができるだろう、ということをミーティングを重ねながら意見交換を行いました。

コモンルームでは、障害者セーリング連盟が目指すこととして「障がい者セーリングの普及」「セーリングを通じて障がい者の社会参加を実現する」こと、それを実現するために解決すべき課題として「練習会に参加してくれるボランティアの高齢化と参加メンバーが少ないこと」があげられていました。 どうすればその目指す姿を実現することができるのか?そのような課題が生まれる背景にはどのような状況があるのか?プロジェクトメンバーは積極的にセーリング連盟のメンバーにヒアリングをしていきました。

そんな中、真冬の寒さ厳しい12月1日、東京都障害者セーリング連盟の練習拠点である若洲で障害者セーリングの体験会を実施しました。
この体験会で、メンバーたちは「初体験の自分たちでも船に乗ることができる、船を動かすことができるんだ」ということを実感。それと同時に「セーリングは様々な人が楽しむことができるものじゃないか?」という気付きを得られたようです。
実際デザイナーである私も初めてセーリングを体験し、初めてだったにもかかわらず船を操作することができ、風をつかんで進むことができたときは本当に気持ち良かったです!

その後もチームでできることを模索し続け、プロジェクトのスコープを「アクティブさがありそうな20代男性をターゲットとし、2020年1年間で45人を若洲での乗船体験に呼び込む!そして5人を継続定着させる!」ことと決めました。 今後は具体的なアクションを定めていきますが、どんなことができるか想像が膨らむばかりです!!

プロジェクト一覧へ