プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > NPO法人エンリッチ 「孤独死を社会に認識してもらうためのIT広報支援」プロジェクト

NPO法人エンリッチ 「孤独死を社会に認識してもらうためのIT広報支援」プロジェクト

プロジェクトの概要

パートナー団体

NPO法人エンリッチ

期間

2020年1月〜2020年3月

メンバー

SCSK株式会社40代2名、50代1名

私たちが取り組むこと

ゴール:エンリッチのLINEサービスの広報戦略の強化
▼実施すること
・LINEアンケート調査、設計
・Google adgrants調査
・孤独死チェックシート作成
・ポジティブ広告検討

パートナー団体について

現代の高齢社会において両親の高齢化や家族を持たない単身の熟年者は年々増加している。自覚症状のないまま成人病に起因する病で突然倒れそのまま何日も発見されない事や孤独死してしまうケースも急増している。

高齢者を対象とした見守りサービスは数多く存在しているが、まだまだ働き盛りの社会人に対しての「もしも」を見守るものは未だ多くはない。 今後顕在化する社会課題に向かって、誰もが使用しているITツールを使い高齢者・単身者を見守るという仕組みづくりを行なっている。

SCSK株式会社と取り組み活動「ちょこサポ」について

今回の取り組みは二枚目の名刺「サポートプロジェクト」とスポンサー企業である SCSK株式会社の「ちょこサポ」とのコラボレーションプロジェクトです。
SCSK株式会社は、コンサルティング、システム開発、ITインフラ構築、ITマネジメント、BPO(Business Process Outsourcing)だけでなく、ITハード・ソフト販売まで。ビジネスに求められる、全てのITサービスでビジネスの新価値創造とグローバル展開をサポートしています。
人材の多様化や人の能力を引き出す環境作りとして「人を活かす」取り組みを進める企業として常にランキング上位に入るSCSK株式会社の中でもCSR部門が主体となり進めている「ちょこサポ」「ちょこサポ+」は、社会起業家やNPOをサポートするプロボノ活動(職務上のスキルや専門的知識・経験を活かしたボランティア活動)を促進する取り組みです。
社会課題に取り組む方々の側面サポートという社会的意義のみならず、社員の成長の場としても効果を発揮しています。

「孤独死」について理解を深める!プロジェクトがキックオフしました

現役世代の孤独死についてサポートするNPO法人エンリッチ。いよいよSCSK株式会社ちょこサポのプロジェクトが開始しました。
プロジェクトで大事にしたい想いの確認とそれぞれの自己紹介を終えて議論の本題に入っていきました。

エンリッチが考えている孤独死にまつわる社会の現状における課題感という視線の高い部分から、実際のLINEサービスでのユーザー視点の課題感が欲しいことやどのような使用フローで進んでいくのかの確認など具体な部分まで意見や質問のやりとりが進みました。

次回からいよいよスコープを決めて実際に取り組んでいくことを照らし合わせていきます。

 

プロジェクト一覧へ