プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > ポラリス“未来における当たり前の働き方”の価値を伝えるプロジェクト

ポラリス“未来における当たり前の働き方”の価値を伝えるプロジェクト

プロジェクトの概要

パートナー団体

非営利型株式会社Polaris

https://polaris-npc.com/

期間

2019年7月〜2019年10月

メンバー

5名。性別、年齢(20~60代)、業種(自治体、不動産、総合商社、物流)、家族構成など、多様なバックグラウンドのメンバー

パートナー団体について

“働きにくさ“という社会課題に向き合うソーシャルベンチャーです。例えば、育児中の女性たちが地域で多様に働くことを実現するコミュニティや仕組みづくりなどを通して、「誰もが暮らしやすく、はたらきやすい社会の実現」を目指しています。

プロジェクトのキックオフ

7/10、いよいよポラリスとのサポートプロジェクトが始まりました!プロジェクトメンバー5名、ポラリスメンバー5名、二枚目の名刺デザイナー1名の合計11名(うち2名はオンライン)で盛大にキックオフしました。

年齢・性別・業種・家族構成など多様なバックグラウンドのメンバーで、これから3ヶ月をともに走り抜けます。まずはこのメンバーが「チーム」になるために、キックオフでは1時間半かけてメンバー全員の自己開示と相互理解のセッションを行いました。

一人一人話してもらったのは、呼んでほしいニックネーム、1枚目のお仕事、趣味や最近気になっていること、プロジェクトに参加した理由、プロジェクトへの期待、プロジェクトへの不安、得意なこと、苦手なこと、自分にとっての働きにくさ。何でも言い合えるチームになるために、ネガティブなことも含めて自己開示しました。

 

改めて、ここには多様な考え方や価値観のメンバーがいることを感じました。この多様性が今後どんな化学反応を起こしていくのか、ますます楽しみになったキックオフでした。

 

次回のミーティングからは、ポラリスの事業や考え方についてひたすらヒアリングしながら、ポラリスの課題に迫っていきます。

定期ミーティングと合宿参加

プロジェクト開始から早いもので1ヶ月が経ちました。ポラリスは多様な働き方を社会に提案・提供する団体。定期ミーティングでは、ポラリスメンバーのかわいいお子さんがオフィスにいたり、家事・育児の合間に自宅からオンラインでメンバーが参加したりと、まさに「暮らすと働くの心地よい融合」が体現されています!プロジェクトメンバーは最初は驚いたかもしれませんが、すぐに慣れてきて、自分も育児をしながらオンラインで打合せに参加するメンバーも出てきました。多様で柔軟な働き方が、このプロジェクトの中でも広がってきています。

さて、プロジェクトの中身はというと、キックオフ以降、メンバーはポラリスから事業に対する想いや具体的な事業内容、現状の課題などをヒアリングしながら、ポラリスの世界観を少しずつ理解してきました。
現在は、「ポラリスの価値を適切に協業パートナーに伝える」ことを目的として設定し、「メンバーの目から見たポラリスの価値」を整理してきています。

さらに、ポラリスのことをもっと理解するために、年に1度開催されるポラリスメンバーの合宿にも参加しました!メンバーたちとの議論にも参加させてもらって意見交換をしました。ポラリスのメンバーは皆さん優秀で活き活きと活躍しており「ポラリスの価値」を肌で感じることができました。

プロジェクトの方向性が定まってきたので、これからは成果物を生み出すために必要なことをどんどん進めていきます!

プロジェクト一覧へ