プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > NPO法人バブリング「“ありのままの自分”を表現でき、“あるがままの他者”を受け入れられる強く寛容な社会を作ろう」プロジェクト

NPO法人バブリング「“ありのままの自分”を表現でき、“あるがままの他者”を受け入れられる強く寛容な社会を作ろう」プロジェクト

プロジェクトの概要

パートナー団体

NPO法人バブリング

http://npobr.net

期間

2019年7月〜2019年10月

メンバー

6名(デザイナー1名、メンバー5名)

パートナー団体について

マイノリティであるために、家族や友人の前でさえ「ありのままの自分」として生きることに難しさを抱えている人たちがいます。そんな生きづらさを抱えながら、自分らしく生きたいという想いに寄り添い、応援する活動をしているのがバブリングです。団体発足以来、多くのそして多様な方たちからの共感を得て、安心して自己開示できる場を作ってきました。
今後も「あるがままの他者」を受け入れることができる人たちをもっと増やしたいと活動の場を広げています。

プロジェクトのキックオフ

バブリングのスタッフ3名のご参加を得て、キックオフを迎えました。
最初の自己紹介ではそれぞれがニックネームで呼び合うところからスタート。バブリングの代表あーみーさんから、メンバーにニックネームの提案もあり、ここで初めましての皆さんの緊張がほぐれました!

今後の流れについての説明の後は、バブリングさんのことを知り、お互いを知り合う時間へ。あーみーさんからビジョンやコンセプト、バブリングの活動について詳しい説明をして頂きました。

その後は説明を受けたバブリングさんの考えや思いをメンバーも体感するワークショップへ。スタッフのしゅんすけさんのファシリテーションのもと、まずは自分をあらわす3つのキーワードを使っての自己紹介(自己開示)。

その後は「私にとっての家族」を書き出し、バブリングさんが準備してくださった食事を頂きながら皆でシェア。
同じ「家族」でも全員の捉え方の違い、多様さに気づかされました。
引き続きバブリングさんが大切にしていることを体感できるような対話を重ねながら、プロジェクトとして取り組む課題に迫っていきます。

 

プロジェクト一覧へ