プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > CANnetプロジェクト(1期)

CANnetプロジェクト(1期)

私たちが取り組んだこと

一般社団法人CANnetは、がん患者とその家族のための相談窓口を運営しています。「CANnetプロジェクト1期」では、CANnetが構想していた「入院されている方とお見舞いをする方とをつなぐギフトブック」事業の推進をサポートしました。

プロジェクトの流れ

キックオフ

「言葉の定義」の共有

がんで入院されている方とお見舞いをする方とをつなぐギフトブックを作りたい」というCANnetの想いを実現するため、まずはこの プロジェクトが目指す「ギフトブック」の形を定義することにしました。

異なる業種・職種のメンバーが集まる場では、ある言葉に対する解釈が異なることがよくあります。
例えば、「ギフトブック」と聞いてイメージするものは一人ひとり異なります。

しかし、言葉の定義が違っていると、同じゴールへ向かえません。そのためこのプロジェクトでは、掲載商品の中から欲しいものを選び、 添付ハガキで申し込むことでその商品が届くカタログを「ギフトブック」と呼ぶことにしました。

またプロジェクトが3ヶ月と短期間であったため、ギフトブックのプロトタイプ(試作品)を作るところまでを、 このプロジェクトのゴールとすることにしました。

キックオフ〜中間報告会

成果物の方向性を決定

スタートしてから大きく変更した点が一つあります。プロジェクト当初、 「入院しているがんで入院されている方向け」としていたギフトブックを、 「すべての入院患者向け」のものとしたことです。

入院経験のある方にインタビューしながら、
「がんで入院されている方がもらって嬉しいものは何か」
「がんで入院されている方に必要なものはどんなものか」を
メンバーで探っていくうちに、掲載する商品は、がんに限らず、 すべての入院患者に必要かつ喜んでもらえるものではないかと思ったからです。

CANnetのスタッフにも了承をいただき、広く入院患者向けの ギフトブックにすることに決定。 「社会を変えたい」「自分に何ができるか試したい」 「会社の外に出てチャレンジしてみたい」という想いを持って集まった メンバーの士気は高く、スタートから中間報告会まではとてもスムーズでした。

中間報告会

高評価をもらい、後半へ向けて始動

キックオフから約1ヶ月半後の中間報告会の時には、ギフトブックのコンセプトや方向性、イラスト、写真、文章のページレイアウトなど、 プロトタイプの敲きは完成していました。

全力を尽くして進めていたこともあり、中間報告では他のプロジェクトに参加しているメンバーや二枚目の名刺のスタッフから高い評価を得られ、 自分たちの取り組みの方向性が間違っていないことを確信しました。

振り返ると、中間報告というマイルストンがあったからこそ、「プロトタイプを完成させる」というゴールまで、 メンバー全員で走りきることができたのだと思います。

中間報告会〜最終報告会

「このままではいけない」と再加速

プロジェクトが後半に入った頃、中間報告で評価を得たことで安心してしまい、進行が滞りがちに。

「このままではまずいのではないか」との危機感から皆で集まり、時間をかけて議論をし、プロジェクトの目的とやるべきことを再確認。 その後は、最終報告会へ向けてグッとスピードを上げました。

ギフトブックに盛り込む商品のコンセプトや読みものページの内容を決定し、調剤機器メーカーや帽子メーカーなど入院されている方に 役立ちそうなアイテムを製造している企業にアプローチを行うと同時に、読みものページの制作を進めていきました。

最終報告会

団体の方に喜んでいただける成果物が完成!

最終報告会では、プロジェクトの目標にしていた「ギフトブックのプロトタイプ作成と事業化に向けた体制整備」が 無事達成できたことを報告できました。

当日発表した私たちの取り組みと成果は以下の通りです。

・ギフトブックの冊子に盛り込む商品と読みものページの整理と作成
・具体的なビジュアルイメージの作成
・パートナー企業の洗い出しとアプローチ

団体の方々に満足いただける成果物ができたことで、メンバー全員が達成感を得ることができました。

私たちの成果

最終報告会では、プロジェクトの目標にしていた「ギフトブックのプロトタイプ作成と 事業化に向けた体制整備」が無事達成できたことを報告できました。

当日発表した私たちの取り組みと成果は以下の通りです。

・ギフトブックの冊子に盛り込む商品と読みものページの整理と作成
・具体的なビジュアルイメージの作成
・パートナー企業の洗い出しとアプローチ

団体の方々に満足いただける成果物ができたことで、メンバー全員が 達成感を得ることができました。

メンバーの活動頻度と団体との関わり

活動はメンバーの本業に支障のない土曜日に行いました。毎回のタスクを「宿題」として分担し、次回持ち寄ることで、 少しずつ形にしていきました。

このプロジェクトが生んだプロトタイプが次のステップに続くツールとなり得た理由に、団体スタッフが積極的に関わってくれたことも あげられます。

事務局のスタッフや杉山代表が可能な限りミーティングに同席し、団体の方針や考え方を示してくれたため、それをコンセプトやコンテンツに 活かすことができたのだと思います。

裏話

プロジェクトメンバーの職種は、SE2名、コンサル、消費財メーカー、マーケター、 研究開発。50代1人と30代5人で構成されたチームの結束は硬く、 フラットで結束力の硬いチームでした。

構成員やプロジェクトリーダー、コーディーネーターによってチームの作り方は 異なりますが、このプロジェクトがうまく運んだ要因の一つに、腹を割って話せる 関係性が早期にできたことがあげられます。

キックオフの時から喫茶店でお茶をしたり、ミーティング後に飲みに行ったりしながら、 考えや状況をシェアし合えたことで、メンバー間の距離がグッと縮まりました。 立場に上下なく、「ニックネームで呼び合う」という本業にはないプロジェクトの 進め方は、2枚目の名刺ならではでした。

[一般社団法人CANnet]1期メンバー 白石和彦

団体からのコメント

杉山代表

プロジェクトで一緒に悩み考えながら、一人ひとりが培ってきた 様々なスキルや感性を通じて、自分たちだけではたどり着けなかった 次のステージに辿り着くことができました。
プロジェクトで目に見える成果だけでなく、誰もが関わる「病気」という ライフステージを違う視点や解決策で見出すことができたことも、 このプロジェクトから生まれた宝物です。
これからも、多種多様な人の集まる場に顔を出して、刺激を受けたり 与えたりしていただけたら嬉しいです!

メンバーのコメント

  • ・プロジェクトメンバーがそれぞれの長所を活かし合うということやパートナー団体さんとの腹を割ったコミュニケーションの取り方。教科書にはないプロジェクトマネジメントに必要なことを自分自身大きく学んだ思いがしています。
  • ・生き生きとしたチームに参加でき、また作れたことが非常に嬉しかったです。チームメンバーそれぞれと、Can netさんという団体そのものの魅力が合わさってできたものだと思います。チームメンバーの構成の重要性、Can netというコアグループの文化の貴重さが様々な角度から発見出来ました。
  • ・ここでの経験を通じて、自分も何か社会に対して主体的に発信したいという気持ちが強くなった気がします。
  • ・自分が会社の看板をはずしたときに、なんでもやれば出来るんだという自信につながりました。
  • ・未知の領域に取り組むときにも、負けないで取り組む志が身についた気がします。
  • ・多くの学びや経験および多様な人達とのつながりを得ることができ、あらためて参加できて良かったです。
  • ・立場の異なる相手とPJを進める際に、相手の気持ちや視点で物事を考えることの重要性を痛感できた。
    本業ではなかなか関わらない人々とのコミュニケーションは今後の1枚目にとても役立つ経験だと思います。
プロジェクト一覧へ