プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > 一般社団法人Kidsサポートデザイン-発達に障がいや特性を持つ子どもたちが自分らしく育つ環境をつくる

一般社団法人Kidsサポートデザイン-発達に障がいや特性を持つ子どもたちが自分らしく育つ環境をつくる

プロジェクトの概要

パートナー団体

一般社団法人 Kidsサポートデザイン

https://www.kidssupportdesign.com/

期間

2018年11月〜2019年2月(予定)

メンバー

NST社員:3名 一般参加:4名 団体メンバー:1名

パートナー団体

一般社団法人 Kidsサポートデザインは、発達に障がいや特性を持つ子どもたちが自分らしく育つ環境をつくることを目的として、このような事業を行っています。
・発達に障がいや特性を持つ子どもの保護者に対するワークショップ
・発達に障がいや特性を持つ子どもの支援者に対するワークショップ
・発達に障がいや特性を持つ子どもの支援者に対するコンサルティング
・発達に障がいや特性を持つ子どもの保護者等のコミュニティ育成
・企業及び社会に対する啓発活動
など。
今回はNST社員と一般参加の方々の計8名で、もっと活動を知ってもらうためにも「理解者を増やす」「知名度をあげていく」ためには何ができるかを検討、奮闘中。

キッズサポートデザイン(以下KSD)と中間報告までの取り組み活動について

導入してもらえれば
「良いもの」とわかってもらえるのだけれど、、、、
「うちの子、もしかしたら、、、」という不安を抱えているご両親に早期段階でサポートをしてあげられるのに、、、、
など団体の活動を理解してもらうまでに時間がかかってしまうのがKSDの課題でした。各々の分野においてはプロ集団の集まりですが、全員が兼業しながらの活動であることも重なり、広める活動まで手が回らないという現状がある中でプロジェクトがスタートしました。
メンバーが全員集まれる機会が少ない中、初日から交流をはかっていこうという意識の高い方ばかりで、和気あいあいとした雰囲気でのスタート。
初回から何回かのMTGは現状説明を団体より実施し、KSDの活動を理解してもらうということを中心に集まり、KSDの団体が「何をしてほしいのか」「何をしていったらいいのか」というコアな部分も団体としての課題でもあったようです。
交流が深まっている中、今ではメンバー全体が「せっかくの機会だからこそ自分達のやりたことを」という意識が芽生えて取り組んでいます。実際プログラムを導入している保育園に見学に行き、現場で活躍している団体の方の働きぶりを見てプロの仕事を見て刺激も受けています。
中間報告前に「本当に団体にとって必要なことは何だろうか」「知名度を上げる=営業ツールの作成が本当に必要なのか」という投げかけをしてから、また方向性が変わってきました。今後の最終までの活動が楽しみなプロジェクトになっています。

中間報告会実施をしてメンバーの発表内容

15人に1人、発達障害という事実に衝撃を受けました。障害という言葉を聞くとネガティブなイメージを受けてしまうが、得意不得意のばらつき、「発達の特性」だということだと分かってきました。適切な理解が得られなくて、欠点ばかりが目立ってしまい、いじめの対象となってしまう。キッズサポートデザイン(以下KSD)、ひとり一人の個性や「自分らしさ」を大切にするということに共感しました。しっかりと理解して、他人ごとではなく、自分ごととして、期間は短いながらも確実に見えることを効果として出したいと決めました。
最初はメンバー同士での発達障害の番組や情報などを共有しました。自治体担当者の方にヒアリングしたり、保育園のヒアリングを行い課題が見えてきています。
新しい価値を提供するのではなく、今あるKSDのプログラムを多くの対象の方に知ってもらおう、ということを方向性としています。「このプログラムを一人でも多くの知ってもらえれば」ということをゴールとして定めています。
チームとして飲み会を多くやり、メンバーの想いを最初に話合いました。集まるのが楽しいので、打ち合わせあるならば仕事を少しでも早く終わらせて行こうと思えます。

プロジェクト一覧へ