プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > パラスポーツプロジェクト

パラスポーツプロジェクト

プロジェクトの概要

さまざまな人たちが、組織や立場を超えて、パラスポーツの競技団体と一緒に盛り上げのムーブメントに参加する機会を作っていくことを目的としています。

多くの人が2020年を契機に社会のこれから創る活動に参加すること。その参加するきっかけを「パラスポーツ」を入り口にデザインするのがこのプロジェクトです。パラスポーツ競技団体のサポートを通じ、プロジェクトを通して、自分は2020年という年にこういう風に関わったんだよと、語れる人が増えて欲しいと思っています。パラスポーツ競技団体さんへは、さらに多様な人が関わることで、新しい可能性や普及の糸具とを見つけ出し、活動の加速を後押しする一助が出来ればと思っております。

この活動を通じて、障がい者やパラスポーツをサポートする人たちが、日本にもっともっと増えることを願いプロジェクトを行っております。

パラ・パワー
リフティング協会

【パートナー団体】特定非営利活動法人日本パラ・パワーリフティング協会

【プロジェクト期間】2017年3月17日~6月10日
【ミーティング回数】10回
【参加者】6名


【参加者が立てた、プロジェクト期間中のゴール】

  • ・パラパワーの魅力を素人目線で探求する
  • ・パラパワーを継続的に応援してくれるファン、支援者に対して魅力的なコンテンツを発信する
  • ・吉田夫婦の想いを実現するために、将来的な組織運営方法の提案をする

【プロジェクト期間中のアクション】

  • ・アスリートへのインタビュー
  • ・いきみ顔選手権開催
  • ・SNSでの情報発信
  • ・想いをあげるプロジェクト
  • ・スポルテックでのイベント企画
  • ・大会の映像プロデュース

【関連リンク】

日本肢体不自由
卓球協会

【パートナー団体】日本肢体不自由卓球協会

【プロジェクト期間】2017<年11月6日~2018年2月26日
【ミーティング回数】11回
【参加者】6名


【参加者が立てた、プロジェクト期間中のゴール】

  • ・パラ卓球の魅力を発信できるコンテンツを作成する
  • ・パラ卓球を体感してもらうイベントを実施する

【プロジェクト期間中のアクション】

  • ・コンテンツの作成
  • ・イベントの実施
  •  

【関連リンク】

プロジェクトデザイナーの想い

「パラスポーツで社会と関わる!「2020」に自分を刻印するプロジェクト、始めます!ー小林忠広(前編)」
http://magazine.nimaime.com/para-sports_kobayashi_1/

「パラスポーツで社会と関わる!「2020」に自分を刻印するプロジェクト、始めます!ー小林忠広(後編)」
http://magazine.nimaime.com/para-sports_kobayashi_2/

 

募集について

2020をきっかけに自分を変える、社会を変える「パラスポーツ・プロジェクト」を推進していきます! 

「日常からほんの少し飛び出して、2020年に自分の存在を示したい」 
「組織の枠を超えて、新しい社会を創る一人になりたい」 

そんな思いを抱いているみなさん、「パラスポーツ・プロジェクト」に参加しませんか? 
「2020年に開催された国際大会ではね……」と、子どもや孫に誇れる未来を一緒に創りましょう!

ご興味お持ちいただけた方、具体的な内容をお聞きしたい方、参加したい!という方はぜひご連絡頂けますと幸いです。

<お問い合わせへのリンク> 
https://nimaime.or.jp/contact

プロジェクト一覧へ