プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > NPO法人AfriMedico ファン・寄付者・仲間を増やそうプロジェクト

NPO法人AfriMedico ファン・寄付者・仲間を増やそうプロジェクト

プロジェクトの概要

組織を超えた仲間づくり~ソーシャルサポーターへの第一歩
アフリカの家庭に置き薬の普及を目指す「NPO法人 AfriMedico」は団体を応援してくれるファン10000人作りを目指しプロジェクトを開始します。

パートナー団体

NPO法人 AfriMedico

期間

2018年9月~2019年1月

【スケジュール】
2018年9月24日(祝):CommonRoom59
2018年9月29日(土):Kick off
2018年11月17日(土):中間報告会
2019年1月12日(土):最終報告会

プロジェクトの進捗(キックオフ〜現在)

【プロジェクトの進捗状況】

 Kick-offを2018年9月26日(土)に実施以降、週1回のMtg.だけでなくメッセンジャー等での白熱した議論を重ね、着実に成果物を生み出しています。
 2019年12月までにファンを10,000人、寄付者を100人つくることを目標に、今回のサポートプロジェクトでは、そのための施策づくりをプロジェクトのゴールとして設定しています。

検討を重ね3回目のMtg.で、自分たちはこの二枚目のプロジェクトで何を達成すべきかを見直す機会がありました。そのときにAfriMedicoメンバーから、「アクションプランを実行して検証することも大事。でもそれを優先するあまり、検討できていない部分が残るよりは、全部検討しきってほしい」という依頼もあり、スコープについて皆でもう一度見直しました。その後4回目のMtg.では、プロジェクトの成果物を、より具体化し、目標を再設定することができました。一方で、2019年1月までのプロジェクト残期間を考えると、より一層検討スピードを上げていかなければいけないと、メンバー皆が、高い達成目標を追い続ける決心をしました。

 

【チームの構成とこれまでの活動】

 チームがAとBの2つでわかれています。それぞれにAfriMedicoもメンバーとして参画し、両団体の混合チームという、サポートプロジェクトでも初めてのチーム編制となっております。20代〜40代の業種もバラバラなメンバーが、各個人の考えや、1枚目の仕事でのスキルを活かしながら議論を活発に行い、所属している団体にとらわれずに、皆で設定をした目標に突き進んでいます。

2枚目の名刺が生み出し始めている「変化」とこれから

 1枚目の仕事の業務内容とは異なるため、このプロジェクトに参加すること自体がチャレンジです。そのため、自分ができることだけにとどまらずに、ちょっとだけ背伸びしてプロジェクトに関わって行く必要があります。
 その中で、一部の人には気づきがありました。4回目のMtg.ときに、「自分/チームの課題は何か、これからどのようなチャレンジしていくべきか」ということを、今までの振り返りを兼ねてチーム内で検討しました。「部下がこのアウトプットもってきたら怒るな」ということを、自分が同様の立場になった時にしてしまっていることに気づいた方がいました。また、別の方は、「プロジェクトをリードしてくれる方がいるので、いつのまにか第三者の立場になってしまっている」と感想をもらす方もいました。

上記のように、1枚目の仕事との比較や、他プロジェクトメンバーの動き方との比較を通して、自分の課題を認識しはじめています。プロジェクトが進む中でこれらの課題をどう認識し、どう対応していくかを考えていくことができれば、プロジェクトメンバーがさらに成長していくことができると思います。

プロジェクト一覧へ