プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > アフリカローズ「オンライン強化/薔薇のあるライフスタイルの提案」プロジェクト

アフリカローズ「オンライン強化/薔薇のあるライフスタイルの提案」プロジェクト

プロジェクトの概要

「最高品質の薔薇をアフリカから世界に届けること。それが、アフリカから貧困をなくすことにもつながっていく。そして、本当に高品質で美しい薔薇を届けることで、施し施されるのではない本当にフェアな関係のフェアトレードを実現する。これらの取り組みを通じて、もっと笑顔あふれる世界を」。こんな想いを胸に、アフリカローズはケニアの薔薇を日本で広めています。
店舗は六本木・広尾店の2店ですが、コロナの影響もある今、オンライン販売のさらなる強化が必要と考えています。また、薔薇をもっと日常的に手に取ってもらえるライフスタイルを提案することで、従来の店舗依存や非継続型の販売からのシフトを図ることができないか。これらの課題を解決することで、アフリカローズの想いがまた一歩実現されることを目指し、今回、8名の社会人が参加するプロジェクトがスタートしました。

パートナー団体

アフリカローズ(株式会社Asante)

【事業内容】
ケニアのバラ(生花)、ローズ関連商品の開発・販売、フラワーアレンジメント教室の運営、等

期間

2020年7月~2020年11月

【スケジュール】
2020年7月3日(金):CommonRoom75
2020年7月14日(火):Kick Off
2020年9月18日(金):中間報告会
2020年11月6日(金):最終報告会

プロジェクトの進捗(キックオフ~現在)

・今回のプロジェクトは、社会人メンバー8名とアフリカローズの運営にあたる3名の計11名でスタートしました。
中には九州、四国、近畿からの参加メンバーも。基本はオンラインでやり取りするプロジェクトのため、どこにいても距離を感じず参加できるのも特徴です。

 

・まずはzoomでのキックオフ。プロジェクトへのワクワクと初めましての緊張感も漂う中、まずはチームづくりの第一歩として、自分について伝えること、じっくりお互いを知ることをメインに行いました。「参加のきっかけや想い」「実現したいこと、挑戦したいこと」を一人ひとりが語り質問し合いながら、相互理解を深めます。アフリカローズへの共感や「薔薇の美しさに感動した!」といったコメントも多く飛び交いました。
また、今後のミーティングはまずは毎週定例で行うこと、主にSlackでコミュニケーションを取ることも決定。

2時間のキックオフでは想いを語り合いました。締めくくりはこの笑顔!

・定例の回を重ねるごとに、お互いに打ち解け、ディスカッションもスピードUPしていきます。一週間のうちにSlackでアイデアや意見を出し合い、定例では毎回チェックインとファシリテーションを自分たちで決め自走する、という体勢がいつの間にか定着。アフリカローズと社会人メンバーが垣根なく考えを伝えながら、「あらためてアフリカローズの課題って?」「解決策のアイデア出し」「どんな状態を目指すのか?ゴールやKPIは?」「取り組みを決める際に重要視することは?」等の話合いが繰り広げられました。

 

・様々検討した結果、施策は「SNS/イベント」「売り方」「商品開発」の3つに分け、3チーム制で推進することに。“自分たちのワクワクを大事に”、“考えるだけではなく、やってみる!”もモットーに、チームごとにKPI・施策詳細・スケジュールを決め動きながら、チーム間も連携していく予定です。

中には東京在住で、店舗を訪問できたメンバーも!ソーシャルディスタンスを保ちつつ、広尾店の海野店長との対話等を通じて、現場に触れることができました。

 

プロジェクトで大切にしたいこと

・チーミングの初期ということで、話し合いのテーマの一つとして「このプロジェクトで何を大切にしていくのか?大きなビジョンやコンセプトは?」についても取り上げました。そして実はアフリカローズも、組織の変革時期の取り組みとして、コアバリューを設定したばかり。
そこで、「このサポートプロジェクトのチームも、アフリカローズのコアバリューに繋がる取り組みになることを意識していこう」、そして「メンバー個々がサポートプロジェクトを通じて挑戦・達成したい個人目標も共有して、大事にしていこう」ということに!
皆で目線をあわせて数か月を過ごすことの大切さも、確認し合うことができました。

「アフリカローズの12個の約束」。アフリカローズのスタッフ全員の声を元につくられた、コアバリューです。

プロジェクト一覧へ