プロジェクトの紹介

TOP > プロジェクトの紹介 > 株式会社GIVE&GIFT(NPO法人チュラキューブ):「福祉みんな食堂」拡大のプロジェクト

株式会社GIVE&GIFT(NPO法人チュラキューブ):「福祉みんな食堂」拡大のプロジェクト

プロジェクトの概要

CR67 GIVE&GIFT×二枚目の名刺サポートプロジェクト

GIVE&GIFTは地域支援や障がい者支援、高齢者支援など様々な社会課題に向き合い、豊富なアイデアで多くの課題を解決してきました。

現在も多くの取り組みを進めていますが、その中でも団体が最も課題に感じているのが「福祉みんな食堂」の取り組み。

これは「障がい者を雇用したいけど出来ていない企業側」と「企業に就職したい障がい者の方」を繋げるモデルです。

団体が苦手としている対企業の認知度を向上して、実績を積み上げるために何をすべきか、
そして何ができるか。様々な背景を持つ社会人メンバーが課題の解決に挑みます。

http://give-and-gift.jp/
(福祉みんな食堂WEBサイト)

パートナー団体

株式会社GIVE&GIFT(NPO法人チュラキューブ)http://chura-cube.com/

期間

2019年6月~2019年9月

【スケジュール】
2019年6月9日(日) :CommonRoom67
2019年6月13日(木) :Kick Off
2019年7月27日(土) :中間報告会
2019年9月7日(土) :最終報告会

プロジェクトの進捗(キックオフ~現在)

【プロジェクトの進捗状況】

社会人チームは年代も幅広く、職種もバラバラで多様性に富んだ構成です。福祉問題に関心が高い人もいれば、自己成長を促して自身の一枚目の活動に活かしたいというメンバーも数多く参加しています。

キックオフを2019年6月13日(土)に実施以降、週1回以上の頻度でメンバー全員が集まってのミーティングが開催されており、メンバーの意欲的な姿勢が見て取れます!いぇい!(でも途中で息切れしないか少し心配です。笑)

さて、当初はまずは団体の課題感をヒアリング・確認し、2回目の打ち合わせでプロジェクトの目標を設定しました。しかし3回目のミーティングを終えて、3ヶ月という限られた時間の中でどのような方法を取るのが効率的かを考える中で、少し行き詰るシーンが出てきています。

 

とはいえプロジェクトはまだ始まったばかり。まずはメンバー自身が疑問を解消し、団体の抱えている悩みを理解したときに、プロジェクトが更に加速していく期待感があります!

 

右記写真:サイゼリヤでもぐもぐしながら楽しく真面目にミーティング!

プロジェクトの進捗(中間報告会)

【中間報告会実施レポート】

7/27(土)に大阪にて同時進行中の他の2団体のチームも含めて、中間報告会を実施しました。
GIVE&GIFTチームは、3名のメンバー、1名の団体の方に加えて、以前サポートプロジェクトに参加したOBも1名ご参加いただきました!

 

報告会では、プロジェクトの進捗報告・質疑応答・振り返りセッションを行いました。
進捗報告では、今回のプロジェクトの当初の目的に沿って、「福祉みんな食堂」を今まで知らない企業にも知ってもらうためのイベントを実施する計画について報告。

 

振り返りセッションでは、KPT法でKEEP(よかった点)、Problem(課題や問題点)、Try(今後やるべき点)について話し合いました。それぞれのメンバーの意見や考えを共有する良い機会となりました。

 

プロジェクト一覧へ